CS版Fallout 76のパッチ配信延期

Fallout 76 アイキャッチ

昨日公式Twitterアカウントで告知があったのでご存知の方も多いと思いますが、12月11日に予定されていたPS4/Xbox One向けのパッチファイル配信が13日に延期となりましたね。

根が深いのか

PC版向けは予定に変更なしとのことですが、今後もこんな感じでCS版は予定がズレ込んでいかなければいいのだけど…と、ちょっと心配しています。

どうしてこなったのか原因は明らかになっていませんが、バグの問題は根深いところにあって苦戦しているのかなぁとか…まぁとりあえず頑張ってもらいたいところではありますが。

12月5日のアップデート以降僕が確認している限りでは重量のバグもそうですが、C.A.M.P.のバグには正直困っていますね。どういうものかというと、C.A.M.P.の保管済みアイテム欄でアイテムが勝手に増殖していき容量を勝手に食っていくというヤツですw最初はC.A.M.P.を移動させたさいに自分が間違って作ったのかなと思ったのですが、テイトとかマットフルーツとかいつの間にか20個以上になっていたりして、なんか気持ち悪いですね、勝手に増殖されると…。

あと戦闘面ではアップデート以降近接攻撃のヒット判定がおかしくなったような気がします。これはあくまで僕の感覚上の問題ですが、明らかに敵に接して武器を振っている場面でも空振り判定になることが多くなったような印象を、遊んでいて受けます。「なんでこれで空振りになるの?」という疑惑の判定がやけに出るような…。それとハンドメイドライフルを撃っていたら敵のHPが回復しだしたとかもありましたね。爆発レジェンダリーでそういうバグがあるとは聞いていましたが、レジェンダリーなしの普通の銃でも起こるとは、まったくもって不可解ですな。

まぁ戦闘バランス面とかドロップ率の調整はもちろんもっと必要だとは思いますが、やっぱり今一番重要なのは「昔は起きなかったのに新たに発生しているバグ」を修正したり、動作の安定性の改善じゃないかと思います。まずはフリーズやエラー落ちに怯えず遊べるようにして、というところでしょうか。この修羅場をベセスダはどう乗り越えるのか、いちユーザーとしてしっかり見ていこうと思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。