Fallout 76 ミートウィーク再び

ミートウィーク

さてCSではコロッサスイベントが延期になったままですがミートウィークがやってきましたね。久々の開催ということで僕も参加してみました。

時間制限がシビアに?

ミートウィークではアパラチア各地でプライムミートを集めるイベントが15分おきぐらいに発生しますが、内容自体は去年とさほど変わらないものの、敵ウェーブ中の制限時間が去年に比べてやたら厳しくなっているような印象を受けました。

どういうことかというとイベント中は次々に襲いかかってくる敵を全滅させなければならないわけですが、その全滅させるまでに設定されている時間が結構短いんですよね。敵のマーカーが表示されたらすぐそこへ向かって攻撃して倒す、ぐらいの動きじゃないとあっさりイベント失敗になってしまうという。

あと敵をおびき寄せるバレルのすぐそばにあるオブジェクト(安全地帯)に登っているとそもそも出現した敵が寄ってこない、というような現象も見られる感じ。特にクランベリーで発生したイベントではクロウラーが相手になりますが、ただでさえタフなのにその上アンチに人がいると逃げていくっぽいのでほんとあれは面倒ですね。

またイベント中はステルスもほぼ強制的に無効化される仕組みらしく、ステルスアタックはあまり期待できないです。全体的に見て「楽にクリアさせないぞ」という意図を感じますな。なんだか去年より慌ただしいイベントになっている気がしますねぇ。

ムームーのチャリー

パーティー会場では演奏する人、肉を焼く人の役割がそもそも重要らしく、この役目につく人が最低でも一人ずついないとイベント進行のプログレスバーが減っていってしまうらしいッスね。その上でクリッターや野菜を納品する人、ゴミ掃除をする人がわちゃわちゃ動くことでプログレスバーが伸びていくと。なので最低でも人が4〜5人は集まって、そういう仕組みを理解していないとクリアするのはちょっと難しいそうですな。

まぁ今日はまだミートウィークが始まったばかりということで大勢の人が集まり楽にクリアできましたけど…ファスナハト・パレードのときと同じで、だんだんと集まりが悪くなってきたりするかもしれないので、参加するなら今のうちかもしれません。

なお今回は設計図の他にもムームーのチャリーの着ぐるみが貰えました…なんかこれ、可愛いというよりは若干恐怖を感じるのは僕だけでしょうかw

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。