Fallout 76 粘着剤のための農作物集め

Fallout 76 農作物

Fallout 76では武器や防具のクラフト、あるいは修理のさいに「粘着剤」を使うことが多いです。仕様頻度が高いだけにある程度確保しておきたいアイテムですが、拾い集めているだけでは足りなくなることもしばしば。そこでC.A.M.P.で設置した自分の拠点で農作物を栽培し、粘着剤をある程度量産できるようにしてくと、いざというときのクラフトや修理に困らなくなって便利です。

粘着剤に必要な農作物の入手場所

粘着剤を作るのに必要となる素材はトウモロコシ、テイト、マットフルーツを各2個に加え、きれいな水が必要となります。このうちきれいな水に関しては、「浄水器」の設計図を拾うか買うなりして自分の拠点で生産するのが手っ取り早いです。

補足

浄水器の設計図はクエストクリアの報酬としても手に入れられるほか、監督官の保管庫からも入手できることがあります。まずは監督官の足跡を追うクエストをこなした方がいいかもしれません。

Fallout 76 浄水器

浄水器は小型のものや大型のものがあり、タイプによって動かすための必要電力が違ってきます。この浄水器を動かすことで一定時間ごとに安定してきれいな水が簡単に入手できるようになりますので、何は無くともまずはこれを作っておきましょう。喉の渇きを潤すにも当然使えますし、きれいな水の安定した生産は重要です。

次に農作物の入手法ですが、これはその辺の山に生えている「野生のトウモロコシ」などを摘んできて拠点に植えて生産することができます。ですが探し回るのも面倒だ!という人のために、トウモロコシ、テイト、マットフルーツの3点セットが一度に多く手に入る農場がちゃんと用意されています。

Fallout 76 コブルトン農場1

その場所とはVault76からほぼまっすく北上したところにある「コブルトン農場」というところで、ここに行けばトウモロコシ、テイト、マットフルーツの3点が栽培されていますので簡単に手に入ります。

またその他にもレイザーグレインやニンジンも栽培されていますので、ついでに頂戴して何かしらの食材に利用するといいでしょう。例えばレイザーグレインは沸騰した水と合わせてスープにすると、空腹と喉の渇きを同時に癒せる食糧となり便利です。

Fallout 76 農作物の防御

注意したいのは自分のキャンプが敵に襲われて農作物が攻撃されると、その修復には壊された農作物と同じ農作物が必要になる、という点です。例えばトウモロコシが荒らされて壊されたときは、トウモロコシがないと修復できません。ですので農作物の栽培スペースには画像のように柵や壁といったもので囲い、なるべく敵が近づけないよう対策を講じておいた方がいいです。

ただそれでも柵の内側に敵がスポーンすることもありますので、完全にガードするというのは難しいですが…。

また粘着剤以外にもトウモロコシはコーンスープに(空腹と喉の渇きを回復)、テイトとマットフルーツはジュースに加工ができるなど、これら農作物は何かと便利ですので、序盤から育てていくことをお勧めします。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。