Fallout 76 Perk考察

Fallout 76 Perk考察

プレイヤーキャラクターはレベルが上がるとPerkカードを何かしら1つ取得することができ、特定の能力を強化していくことができます。このPerkカードは膨大な種類が用意されており、その効果も様々です。ゲームを進める上でどんなPerkがあると便利なのか、自分のプレイ体験の中から考えてみます。

正解はプレイヤーの数だけある

まず前提として覚えておきたいのは、現在(2018年11月)のところプレイヤーのレベルの上限は50で、レベルアップしたさいに振れるS.P.E.C.I.A.L.は15が限界である、という点です。そしてこの振った数がPerkカードのいわばスロット数となり、高いものほど高ランクの、あるいは多くのPerkカードを詰め込めるということになります。

例えばStrengthが10だとすればランクが2のPerkカードを5枚装備したり、ランクが4のPerkカードを2枚とランクが2のPerkカードを1枚装備する、といった感じでPerkの構成を決めることができます。

このようにレベルの上限が決まっている以上、すべての能力値を最大まで伸ばすといったことはできません。何かに特化して育てるか、あるいは平均的に育てるかはプレイヤーそれぞれ自由に決めることで、一般的な正解というのはありません。あえて言うならプレイヤーの数だけ正解が存在する、といったところです。

…と書くとちょっと突き放したようにも感じられるかもしれませんが、初心者の方は序盤のうちは適当にS.P.E.C.I.A.L.を振りつつ、レベルが25に差しかかった頃ぐらいには独自のプレイスタイルやよく使う武器の傾向などが自然と決まってきているでしょうから、それに合わせてS.P.E.C.I.A.L.の配分とPerkカードの取得をコントロールしていくと良いのではないかと思います。

補足

2018年12月のアップデートでS.P.E.C.I.A.L.の振り直し機能が実装されるとのことです。

Strength(STR)

Fallout 76 Perk STR

STRは肉体的な力強さ、腕力といった能力です。Perkとしては近接武器のダメージを上げるもののほかに、ジャンクアイテムや実弾系弾薬、防具の重量を軽くするものなど、重量に関係するPerkが多いです。

この特定アイテムの重量を軽くする、あるいは総重量を拡張するというのは非常に重要で、ゲーム中では武器や防具を改造すると重量が増加していくことも多く、ゲームが進めば進むほどおそらく重量制限に悩まされるようになっていくでしょう。そのため、例えどんなキャラクタービルドをするにしても、STRに関してはある程度割り切って振っておくことをお勧めします。

なお4と違ってこのSTRのPerkの中にはショットガンのダメージを上げるものがあり、他のセミオートライフルとは違う分類となった点には注意してください。

お勧めPerk

  • Iron Fist:素手の攻撃やデスタンバリンなどナックル系武器のダメージアップ。
  • Gladiator:片手武器のダメージアップ。
  • Slugger:両手武器のダメージアップ。
  • Shotgunner:ショットガンのダメージアップ。
  • Heavy Gunner:爆発属性ではないヘビーガンのダメージアップ。
  • Martial Artist:近接武器の重量が軽くなり、振る速度がアップ。
  • Strong Back:総重量追加。

Perception(PER)

Fallout 76 Perk PER

PERは五感、状況認識能力といったもので、セミオートもしくはフルオートライフルのダメージを上げるものや、V.A.T.S.における命中率向上のPerk、さらに前作4同様の解錠能力に関わるPerkなどが揃っています。

また今作は農作物を摘んだときに収穫量が1増えるGreen Thumbなど、ちょっと変わったPerkもあります。地味に便利なのでお勧めです。

なお4と違って76ではグレネードの威力・爆発範囲・軌跡の表示化がそれぞれ別のPerkに分割されてしまったところには注意です。具体的には爆発範囲の拡大と軌跡の表示化(及び飛距離の延長)はPERで、爆発ダメージの上昇はINTのPerkです。グレネードは威力が高く、どれも便利なPerkなだけに迷いますね。

お勧めPerk

  • Green Thumb:草花や野菜などの収穫量が1増える。
  • Picklock:解錠能力を高める。
  • Rifleman:ノンオートマチックライフルのダメージアップ。
  • Commando:オートマチックライフルのダメージアップ。

Endurance(END)

Fallout 76 Perk END

肉体の頑丈さ、持久力を表すのがENDです。主にHPに関係するPerkが多く、飲食時のRADを軽減したり、あるいは日中に限り自然治癒能力を得る、といったものがあります。序盤のうちはHPが低いことですし、飲食のRADを軽減するLead Bellyがなかなかお勧めです。

ENDである意味最大の特徴と言えるのがMystic Powerで、倒したグール、スコーチ、スーパーミュータントなどを食してHPと飢えを癒すことができます。これがあると食糧を持ち運ぶ必要もほとんどなくなり、重量の節約にも役立ちます(見た目にはちょっとアレですが)。

またサイコなどの効果を延長するPerkもありますので、ドーピングしながら戦い続けたい場合はある程度伸ばすのも良いかと思います。実際のところフィールドやダンジョンのいたるところに置かれている薬箱からはよくドーピングアイテムが見つかりますので、サイコやバファウトといったドーピングアイテムを常にキメながら戦うというのも割としやすいと思います。特にバファウトはSTRが上がるので、一時的に総重量が上がる点も見逃せません。狂戦士プレイがしたい方は重点的にENDを伸ばしてみるというのもいいかもしれませんね。

お勧めPerk

  • Sun Kissed:午前6時から午後6時までの間はRADが自然回復するようになる。
  • Photosynthetic:午前6時から午後6時までの間はHPが自然回復するようになる。
  • Mystic Power:グール、スーパーミュータント、スコーチ、モールマイナーを食してHPと飢えを回復。
  • Lead Belly:飲食で受けるRADを減少する。

Charisma(CHA)

Fallout 76 Perk CHA

人間的な魅力を意味するのがCHAで、主に他のプレイヤーさんとチームを組んでいるときに発揮するPerkが多いです。チームを組んでいるときに取得経験値がアップするとか、自分の飲食でチームメイトも少しだけ飢えや喉の渇きが癒されるといったPerkがあり、チームを組んで遊ぶ機会が多い人はどんどんPerkカードを取得していくといいですね。チームメイトからありがたがられると思います。

ではソロプレイヤーには関係ないのかというとそういうわけではなく、4同様Lone Wandererはソロプレイにおいて大きな効果を発揮しますので、これはこれで取っておいて損のないPerkです。最大ランクまで上げればダメージ20%減少に加えてAP回復速度30%上昇は非常に大きいです。

この他にもベンダーとの取引価格が改善されるHard Bargainなんかも地味に役立つPerkです。

お勧めPerk

  • Lone Wanderer:ソロプレイ時にダメージが減少し、AP回復速度がアップする。
  • Hard Bargain:ベンダーとの売買価格を改善する。
  • Travel Agent:ファストトラベル使用時に支払うキャップが30%減少する。
  • Squad Maneuvers:チームを組んでいるときは走る速度がアップ。
  • Inspirational:チームを組んでいるときは取得経験値がアップ。

Intelligence(INT)

Fallout 76 Perk INT

知性を表す能力で、4同様ハッキング能力に関係するほか、スティムパックの回復量増加、さらに近接武器や銃器のクラフト及び耐久性に関わるPerkと、結構重要なものが揃っています。特に武器の耐久度の劣化を減少させるPerkはあるとないとでは結構違いますし、よく使う武器種に合わせて取っておいた方が良いと思います。

またパワーアーマーに関するPerkもいくつかあり、パワーアーマーを装着する機会が多いという人はある程度は伸ばしてPerkを取っておくのも良いと思います。この他にもC.A.M.P.で拠点を建築するさい、建築の必要素材が減るPerkもありますので、拠点を作り込みたい方もある程度重視した方がいいかもしれませんね。

なおエナジーウェポン用の弾薬の重量が減少するBatteries Includedについては、フュージョンコアもその対象に含まれます。パワーアーマーを運用しつつレーザーライフルやガトリングレーザーを多用する方には、かなり便利なPerkとなりそうです。

お勧めPerk

  • Hacker:ハッキング能力を高める。
  • Makeshift Warrior:近接武器の耐久度劣化が遅くなり、作成や高度な改造を可能にする(設計図が必要)。
  • Gunsmith:銃の耐久度劣化が遅くなり、作成や高度な改造を可能にする(設計図が必要)。
  • Power Patcher:パワーアーマーの耐久度劣化が遅くなり、修理に必要な材料が減少する。
  • Armorer:防具の高度な改造ができるようになる(設計図が必要)。
  • First Aid:スティムパックの回復量がアップ。
  • Contractor:C.A.M.P.での建築に要求される材料が減少する。

Agility(AGI)

Fallout 76 Perk AGI

運動神経、敏捷性といったものを表す能力で、APの回復速度を上昇させるものや、ダッシュ時のAP消費を減少させるPerk、またステルスに関係するPerkなどが揃っています。これら以外にもピストルのダメージを上昇させるPerkや落下ダメージを減少させるPerkもありと、結構バラエティ豊かな能力ですね。

イメージ的にちょっと繋がりにくいですがAGIのPerkの中でお勧めなのがWhite Knightで、このPerkがあると防具の耐久性の劣化を減少させることができるほか、修理にかかるジャンク品の節約もできます。

Fallout 76 Perk White Knight

具体的には上の画像の通りで、ランク1あるだけでも結構違っています。このランク1だけでも耐久性劣化を30%減少させるため、だいぶ快適性が違ってくることは間違いないです。パワーアーマーは装着しない、常に生身で戦いたいという方は取っておいて損はないでしょう。

またこの他にも弾薬をクラフトしたときの作成量を40%増加させるAmmosmithもお勧めです。ヘビーガン使いで弾薬をたくさん用意する必要のある人はまず取っておきたいPerkです。

お勧めPerk

  • Gunslinger:ノンオートマチックピストルのダメージアップ。
  • Guerrilla:オートマチックピストルのダメージアップ。
  • White Knight:防具の耐久度劣化が遅くなり、修理に必要な材料が減少する。
  • Ammosmith:弾薬の作成量がアップ。
  • Sneak:ステルス時に発見されにくくなる。
  • Home Defense:高度なタレットや罠を作成できるようになる。
  • Adrenaline:敵を一体倒すごとにダメージがアップしていく(30秒間継続、時間は敵を倒すごとに更新される)。

Luck(LCK)

Fallout 76 Perk LUC

運の強さを表す能力値です。特定の状況において確率でプレイヤーに有利な状況が生まれるという、運試しのようなPerkが多いです。

確定で何かが起きるというわけではないので不安定なところもありますが、効果そのものは強力なPerkが多く、装備しておけば意外な場面で一発逆転の要素を得たり、命拾いするかもしれません。

個人的にお勧めなのはSuper Duperで、これは何かをクラフトしたときに確率でクラフト量が2倍になるというもの。フルオートライフルやヘビーガンなど、とにかく弾薬を必要とする武器をよく使う人にはAmmosmithと組み合わせて使うのがいいのではないかと思います。運が良ければ一度に大量の弾薬が手に入ってお得な気分になること間違いなし。

また変異を利用していくのであればRADアウェイ使用での変異治療を防ぐPerk、Starched Genesはぜひランク2まで上げたいところです。

  • Bloody Mess:ダメージが追加され、倒した敵が四散する可能性が出る。
  • Super Duper:何かをクラフトしたとき確率でクラフト量が2倍になる。
  • Starched Genes:RAD蓄積による変異を起こしにくくなり、RADアウェイ使用時の変異治療の確率が低下する。ランク2になると変異を完全に防ぎ、変異の治療も完全に防ぐようになる。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。