Cyberpunk 2077 特殊カラーのマサムネ求めて

Cyberpunk 2077

Cyberpunk 2077の2周目もストーリー的には終盤戦に入りました。レベルは39、クレドは50となっており、1周目よりはかなりVも強くなったなぁ。

これが2077のギャルです

さて現在のVなんですが…このようになっています。

Cyberpunk 2077 LV39

2周目を始めた当初「頭装備はしない」という誓いを立てましたが、今のところそれは守られています。おかげでアーマー値はどうしても低くなるし、頭装備が無い分改造パーツもつけられないので若干不利になるという欠点はあるものの、意外となんとかやれるもんですね。痛いのはスナイパーの一撃ぐらい?あれ食らうとHPを200とか一気にゴッソリ持っていかれるような。ヘッドショット決められてしまうからでしょうかねぇ…。

Cyberpunk 2077 ビスチェ

装備はサングラス、ジャケット、ビスチェ、ショートパンツ、スティールトー(スティールトゥ?)となっていますが、中でもビスチェは気に入っています。これでヘソ出してショートパンツで生脚も出してという格好が個人的にツボなので、意地でもこれで通すつもりです。4つ改造パーツがつけられるSAMURAIのTシャツも一応確保はしてあるんですが、それでも性能より見た目にこだわりたいというか。できればレジェンダリーのビスチェが欲しいところではありますが。

Cyberpunk 2077 特殊カラーのマサムネ

お気に入りアイテムといえば、特殊カラーのマサムネも見た目が好きで途中よく使っていました。武器ランクがレアなのであんまし強くはなかったのが残念ですが、このワインレッドのカラーリングが好きで、今でも一応倉庫に保管してあります。

たまにこの手の特殊カラーの武器は手に入りますが、自分でカラーリング、あるいはスキンの変更ができるようになってくれると嬉しいんですけどね。今後のアップデートでそういうことが可能にならないかなぁ。ランダム入手で厳選するしかない?特定の武器をレジェンダリーかつ特殊カラーで…となるとかなり手間がかかりそうですが。

Cyberpunk 2077 マサムネの設計図

一応紫色のマサムネの設計図は売られているんですが、エピックだし僕はワインレッドカラーの方が好きかなぁ。

Cyberpunk 2077 ウェルスプリングス

特殊カラーのエピックマサムネの設計図はウェルスプリングスの青丸で囲まれたところにあるガンショップで売られています。このゲーム、クレドが高くならないと高品質なものが並ばないとのことなんで、クレドを高めるか、あるいは売ってなかったら時間を24時間スキップさせて再度チェックすれば、そこそこの確率で売りに出されます。ちなみにすぐそばのアパレルショップではビスチェがよく売られてますね。あとでまたここでビスチェの厳選でもしようかしら。

武器にしろ服にしろ店によって売られていやすいものの傾向があり、そこで24時間スキップさせて粘り続ければ、大抵は欲しいものが手に入りますね。ただやっぱりせめて武器のカラーリング変更機能は後々でも構わないから実装して欲しいなぁ。なんだったらスキンセット販売でもいいですけど、それはマルチプレイ実装時までお預けでしょうか。このゲームがどのように発展していくか、非常に楽しみです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。