Fallout 76のその後…

Fallout 76 モスマン

Fallout 76クリア後は、まだろくに探索していなかった地域を歩いたり、あるいは発見していたけど入っていなかったダンジョンに行ってみたりしながら遊んでいます。そしてようやくここでモスマンを倒すことができました。いつも逃げられていたからなぁ。

UMA

このモスマン、ウィキペディアによると

モスマン(Mothman)は、1966年ごろアメリカ合衆国ウェストバージニア州ポイント・プレザント一帯を脅かした謎の未確認動物(UMA)。宇宙人のペットであるとの説(エイリアン・ペット説)もある。

だとかで、こんな体でありながら超高速で飛行するとか、とんでもないバケモノのようです。まぁゲームでは普通に殴り倒せますけど。っていうか、こうやって並んでみると結構デカい図体なんですね。いつも飛び去られて戦えずにいたのでモヤモヤしていたのですが、ようやく倒せてスッキリしました。

Fallout 76 監督官のログ

まぁそれはいいとして、監督官のログです。クリア後色々とさまよっていたら監督官の新たなログが見つかって、そこには「どうしてこんなことをしたの?核をコントロールするはずがアパラチアの軍拡競争に加わるなんて!酷い!ひどMAX!」と、嘆かれました。

えっ、そんなこと言われてもなぁ…。まぁ実際のところこのゲーム、メインクエストに道徳観による判断、分岐点というものが一切おかれていないので、プレイヤーはどうしようもないというか。「だって核ミサイル撃たなきゃゲームクリアできないんだもん」としか言いようがないですな。メタ的な発言ですが。

例えばこれがオンラインゲームではなくこれまで通りオフラインの一人用ゲームであれば、レスポンダー、B.O.S.、エンクレイヴのどれかの派閥勢力に加わり独自の方法論でアメリカの復興を目指す、みたいな流れだったのかもしれませんが…プレイヤーが目の前の問題に対しどう判断するかという選択肢が与えられませんから、プレイヤーはエンクレイヴになんの疑問も持つことなく加わった形ですし、なぜ従う必要があったのか、なぜ核を撃たざるを得なかったのか、そこら辺の動機とか背景がよく分からないまま終わった感じです。っていうか監督官、今の今までちゃんと生きていたの?みたいな。てっきりメインクエストのどこかでのたれ死んだ姿を発見するのかと思っていましたよあたしゃ。

そういえば結局Vault94を発見すれど入れないままでしたし、こういったところは今後の追加アップデートで明らかになっていくのかもしれませんが、シナリオに関しては選択肢がないというのは寂しいところでしたねぇ…まぁオンラインRPGである以上これまでとは勝手が違うということで仕方ないにしても…。追加アップデートの中でシナリオが膨らんでいくことに期待したいです。

それと今日から「Fallout 76 攻略メモ」なんていうものを始めました。これは別に攻略Wiki的なデータベースを目指すのではなく、自分なりに「こういう解説があった方がいいかもしれない」というところを中心に、なるべく丁寧に書き記していこうという趣旨で作っていく予定です。マイペースで書いていこうと思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。