Skyrim AE サンダー&レイスガード

Skyrim AE サンダー&レイスガード 1

このページではSkyrim AEで追加される「サンダー」と「レイスガード」の取得方法を解説します。

特徴

サンダーとレイスガードは、ウィンドヘルムの「ニューグニシス・コーナークラブ」に置いてある「キャラバン衛兵のメモ」を読むことで始まるクエスト、「失われた伝説」のクエスト報酬で手に入るアイテムです。サンダーが片手メイス、レイスガードが重装の篭手となっており、一緒に装備するとサンダーのダメージが上がる仕組みになっています。

このレイスガードについては、ウィンターホールド大学のアーニエル・ゲインのクエスト「アーニエルの企て」で手に入る「キーニング」も強化対象となっています。

Skyrim AE サンダー&レイスガード 2

クエストの進め方ですが、まずキャラバン衛兵のメモを読んだのち、しばらくはキャラバンの痕跡を追うことになります。1つめは宿屋ナイトゲートの少し東にある「古いキャラバンの宝箱」を調べて、「馬車の御者のメモ」を取って読みます。その後シマーミスト洞窟の少し北にある第2のキャラバンの痕跡を探し、放置されているスケルトンから「怪しい衛兵のメモ」を取って読んでください。

すると次に「ホワイトランでキャラバンの証拠を探す」という指示が出ますので、ホワイトランの死者の間に向かい、「ホワイトランの地下墓地」で「キャラバン隊長のメモ」を読み、最後に「迂回したキャラバン」を探すことになります。

Skyrim AE サンダー&レイスガード 3

迂回したキャラバンの痕跡はファルクリースのすぐ東にあり、ここでスケルトンから「アチューンメント・クリスタル」と「ヴェリンの手紙」を回収、手紙を読んで「サイトレス・ピットの宝物庫」に向かうことになります。

Skyrim AE サンダー&レイスガード 4

サイトレス・ピットはウィンターホールドの南にあるダンジョンですが、詳細にはサイトレス・ピットからエクスリブの聖堂と廃墟と化した洞窟を経由し宝物庫に入ることになるため、そこそこ長い道のりです。そして宝物庫前にあるドワーフの台座に先ほど手に入れたアチューンメント・クリスタルを設置し、宝物庫へ入ってください。

Skyrim AE サンダー&レイスガード 5

宝物庫に入ると中央のフロアに目的のレイスガードとサンダーがあるのですが、扉が閉まっていてフロアに入れません。そこでまずは奥にある「宝物庫の解放弁」を調べ、その後左右にある蒸気の弁を操作して「蒸気の流れを修復する」作業をします。

左右のフロアには複数の弁があるのですが、上の画像のようにパイプから蒸気が漏れていない状態にする感じでひとつひとつ弁を回して行ってみてください。

Skyrim AE サンダー&レイスガード 6

蒸気の流れを修復したのち再び宝物庫の解放弁を回すと中央のフロアの扉が開き、同時に「使者」という名前のドワーフ・センチュリオンが出現しますので破壊してください。そしてレイスガードとサンダーを回収するとクエスト完了となります。

Skyrim AE サンダー&レイスガード 7

アイテムの性能についてですが、まずレイスガードについては重装の篭手で、「雷撃、炎、冷気、マジカ、疾病、毒の耐性が10%上昇する。装備するとキーニングとサンダーが強化される」とあります。

Skyrim AE サンダー&レイスガード 8

その強化対象となるサンダーについては、「5ポイントの冷気、炎、雷撃ダメージを与える。スタミナとマジカに15ポイントのダメージを与える」というものになっており、レイスガードを装備することで確かにダメージが増加しました。

このレイスガードによって増加するサンダーのダメージは固定値ではなく、「サンダーのダメージ値に対する15%」となっているらしく、サンダーを強化して強くすればするほど恩恵が高い、みたいな仕組みになっているようです。

上の画像にも出ていますがサンダーのダメージ値が無強化で41のときはレイスガード込みで47、つまり15%にして6しか増加していませんが、伝説的まで強化したダメージ127のサンダーはレイスガード込みで146、つまり19も増加しています。同じ15%強化の恩恵も、元の数値が大きければそれだけ増加値も大きくなる、ということになります。

Skyrim AE サンダー&レイスガード 9

一方キーニングなのですが、自分のデータではレイスガードを同時に装備してもなぜかダメージ値が変動せず、レイスガードを外して別の篭手を装備するとダメージが増加するという、挙動のおかしい現象が見られました。一応ダメージの増加は確認できているものの、自分の環境ではバグっているっぽいので、正直言ってよく分かりませんでした。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

地球の重力に魂を引かれたオッサンです。好きなジャンルはRPGで、ブログでは主に家庭用ゲーム機のことについて書いていこうと思います。