ゲームパスで「ミュータントタートルズ:シュレッダーの復讐」を遊んでみた #02

ミュータント タートルズ 1

ゲームパスのミュータントタートルズ、クリアしました。

ピザよ、永遠なれ!

いやぁ面白かったなぁ。全16ステージだったのですが、1ステージはそれほど長くなく、大体どれも5〜10分ぐらいでクリアできるのでそんなに時間のかかるゲームではなかったですね。個人的にはこのぐらいの区切りで構成されていたのは疲れることもなくてよかったです。

ミュータント タートルズ 3

ゲームとしては特に難しく考える要素もなく、目の前に現れた敵をお手軽コンボでガンガン叩きのめしていくだけという、昔ながらのシンプルなゲームで一気に集中して駆け抜けることができた感じ。ドット絵だけで構成されたビジュアルは精細かつよく動くので見ているだけでも楽しいし、音楽もノリが良くて盛り上がりますね。

ステージの構成自体もそれぞれに固有のギミックが用意されていたり、ボス戦もすごく個性的で飽きなかった。僕としてはラスボス一歩手前の自由の女神が巨大ロボになる演出が好きですw良い意味でバカバカしくて、スケール感がデカくて面白い戦闘でした。

それと難易度は極端に難しいってところはなかった気がします。なかなか良いタイミングで体力回復アイテムであるピザが出てきますし、必殺技である忍術を使えば結構強引に敵をまとめてやっつけられるので爽快感もある。

ミュータント タートルズ 2

僕は棒術使いのドナテロで遊んでいましたが、通常攻撃のリーチは長いし、忍術を使うと自分を中心とした広い範囲攻撃で敵をボコボコにできるので結構楽だったかな、と。わりと使いやすいと思うので結構お勧めです。

まぁなんと言いますか、童心に帰ったような気分で遊べるゲームって感じですかねぇ。内容的にはかなりシンプルなのですが、僕はこれはこれで優れたゲームじゃないかなぁと思いますね。気軽に遊べてサクッとクリアできる、ゲームパス向きとも言える内容かも。アクションゲームが嫌いじゃなければぜひ。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。