Xbox One版Fallout 4 MOD「Lamprey Floaters」

Lamprey Floaters

Xbox One版Fallout 4に「Lamprey Floaters」というMODが登場したので早速試してみました。

MOD説明

Lamprey Floatersは連邦に新たなクリーチャーを追加するMODです。作者はTheFriedturkeyさん。この方は以前も「The Famished」というクリーチャー追加MODを公開されていましたね。よろしければそちらもご一読ください。

The Famished

Xbox One版Fallout 4 MOD「The Famished」

2019年8月27日

さて今回のLamprey FloatersですがMODページでの説明によれば元々はFallout 3にコンセプトアートとして描かれたクリーチャーとのことでしたが最終的には没になってしまったのだとか。それをMODとして復活させ、ゲームに追加する形で登場させたものということみたいですね。言われてみるとデザインのセンスが3に出てきたケンタウロスに通ずるキモさをどことなく感じます。

Lamprey Floatersの出現場所についてはMOD有効化後、主に輝きの海で出現するようになっているとのことですが、稀にそれ以外の連邦地域でも出現するそうです。また輝きの海のどこかにはペットとして連れて行けるLamprey Floatersもいるのだとか。

というわけで早速輝きの海に行ってみたところ、結構あちこちでたむろしていました。こやつらの動きはブロードフライを元にしつつ手を加えたそうで、フワフワと動きながら的確に攻撃してきてますね。ガンマ線的な攻撃で放射能ダメージを与えてくるため、運悪く序盤に遭遇してしまったら結構苦戦しそうですな。ちなみに発光、病気、アルファといったバリエーションも用意されているとのこと。

なおLamprey Floatersは倒すと弾け飛び、76のような肉塊へと即姿を変えます。採取できる肉は調理するとBaked Floaterという食べ物になり、食すとしばらくの間RAD耐性を得る仕様になっています。

Fallout 3のコンセプトアートに登場したというだけあって見た目的にも面白く、こうして4で戦えるようになったというのは喜ばしいですね。連邦の敵バリエーションを増やしたい方にお勧めです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。