Fallout 76 パッチ22以後の私的ビルドと装備

Fallout 76 B.O.S.とLMG

さてパッチ22が配信されてしばらく経ちましたが、レジェンダリーPerkなどの新要素でPerk構成や普段持ち歩く武器が以前とはちょっと変わりました。大体その辺も固まってきた感じなので、今どのように装備を整えて遊んでいるのか、書いていきたいと思います。

レジェンダリーPerkは補強に使用

まず現在のPerkは以下のようになっています。赤字のものはレジェンダリーPerkで補強した分になります。

STR:5

  • BANDOLIER 2
  • BLOCKER 3

PER:14

  • COMMANDO 3
  • EXPERT COMMANDO 3
  • MASTER COMMANDO 3
  • CONCENTRATED FIRE 1
  • GROUND POUNDER 1
  • TANK KILLER 3

END:7

  • AQUABOY
  • RADICOOL 1
  • Lead Belly 3
  • Fireproof 2

CHA:5

  • INSPIRATIONAL 3
  • STRANGE IN NUMBERS
  • TENDERIZER 1

INT:5

  • NERD RAGE! 3
  • Demolition Expert 2

AGI:14

  • ADRENALINE 3
  • SNEAK 3
  • COVERT OPERATIVE 3
  • ESCAPE ARTIST 1
  • DODGY 3
  • GUN FU 1

LUC:15

  • SERENDIPITY 3
  • STARCHED GENES 2
  • CLASS FREAK 1
  • BLOODY MESS 3
  • CRITICAL SAVVY 3
  • BETTER CRITICAL 3
Fallout 76 Perk補強

S.P.E.C.I.A.L.に関しては「レジェンダリーPerk、なに使う?」で書いたように、E、I、AにそれぞれレジェンダリーPerkをあてて補強しました。まだ中途半端にしか育っていませんが。

Eに関してはLead Bellyで食事における放射能ダメージを無効化していますが、これは普段不屈装備をしているためで、ただでさえ低HPなのに食事をしたらさらにHPが減ってしまうというストレスをなくすためです。でも今後のアップデートで空腹のデメリットなどが消えるということらしいので、無理につける必要はなかったかも…?まぁいいか。

またFireproofをPerkとしてつけたので、胴防具の高密度化を石綿に変更し、エネルギーダメージと炎上によるスリップダメージに耐性を付け、防御面を強化しました。

IのDemolition Expertは現在メイン武器である対アーマー爆発ハンドメイドの爆発ダメージを上げることと、経験値アップを兼ねてですね。

対アーマー爆発ハンドメイドについては、レシーバーをパワフルオートにして使っていますが、その上でサイコタスを使うとLV100の伝説シープスカッチを回復させずにワンマガジンで倒し切るぐらいはできます。

僕はいつもHPを50/280ほどの分量に調整し行動していますが、これだと血濡れハンドメイドと対アーマー爆発ハンドメイドではダメージ差が10もないので、結局現在は対アーマー爆発ハンドメイドで落ち着いています。これがもしさらにHPが下がって30/280ぐらいになると血濡れハンドメイドのダメージがさらに上がり、対アーマー爆発ハンドメイドとのダメージ差が20近くまで出ますが、まぁそこまでガチに攻めなくてもいいかなぁって感じ。

究極的には血濡れの方が強いのは間違いありませんが、以前ほどの飛び抜けたダメージがなくなった今、そこまでこだわる必要はないかなと今のところは考えています。

その他のレジェンダリーPerkについてはMaster Infiltrator、Follow Through、Funky Dudsをそれぞれ取りました。Funky Dudsに関してはまだランク1ですが、それでもだいぶ敵の毒ダメージを緩やかなものにしてくれていると実感しています。ですので現状は爆発、炎上、毒にそれぞれ耐性がついているので、防御面的にはかなり頑丈になった気がします。

武器について

現在持ち歩いている武器については先述した対アーマー爆発ハンドメイドがメインで、サブとしてはクアッドフィクサー、デイリーオプス用にクアッドテスラライフル、近接用に扇動パワーフィストを持ち歩いています。それとHP調整用に対アーマーのガンマ線銃ぐらいですね。

扇動のパワーフィスト

扇動のパワーフィストについてはそもそもIron Fistでダメージを上げているわけではないので大した活躍もできないかな?と最初は考えていたのですが、不屈とRADICOOLでSTRを補強しているだけでもLV50〜60程度のスコーチや人間系などの比較的柔らかい敵であればスニーク1〜2発で仕留められます。ということはレジェンダリーPerk込みで近接Perkをガッツリ盛り込めば、そこらのザコ程度は大体ワンパンでいけるのかなって気はします。

それとやはり近接武器を持ち歩く意味としては、デイリーオプスでのみんな大好き弾力性を狩るときに便利だってのもありますね。以前は自分で撃ったあとバッシュ攻撃で…とかやっていましたが、結局のところ弾力性回ではチームメンバーに撃たせて削ってもらい、自分がパワーフィストでグーパンを決めていく立ち回りに徹した方が効率が良いことに気付きましたw役割分担をハッキリさせると弾力性のときもスムーズに行けて、エルダーも取りやすいと感じます。なのでチームメーンバーの動きを見て、自分が削りに回るか、グーパン役に回るかを最初に決めてしまうのがお勧めですね。弾力性が苦手だという方はそんな感じで挑んでみてください。

クアッドについてはこれはもう単純に便利だからです。パッチ22以前のように容易に敵をワンパンできることもなくなったため、クイーン戦やデイリーオプスなど、次から次にザコが湧いて出てくる場面ではクアッド武器で手数を増やして戦うのがかなり有効に感じます。特にデイリーオプスにおけるクアッドオートテスラの便利さは異常ですね。適当に連射しているだけでガンガン倒せますので。ヘビーガンナーの人は別にしても、そうではないライフルマンやコマンドーの人は、クアッド武器を何かひとつ担いでいった方がいいんじゃないかとは思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。