Days Gone オレゴン州漂流記 #04

Days Gone 1

ならず者を屠りその屍を乗り越えていくディーコン…っていうか髭面でボロボロの服装なせいか、むしろディーコンの方がヤバそうな感じの人にも見えなくもないですけど。

せーの、ぶんぶんブブブン

Days Gone 2

ストーリー的にはロストレイク、アイアンマイクのキャンプ解放まで進めました。「まだそこなの?」とか言われそうですがまだここなんです…待ちに待ったゲームだし、ゆっくりじっくり遊んでいます。

進行スピードが遅い理由の一つは無意味にフォトモードで写真を撮りまくっているからというのもあるのですが、まぁそれが面白かったりするんですよね。景色とバイクをどう合わせるかとか、銃を構えるディーコンをかっこよく撮影できないだろうかとかやり始めるとなかなか進まない。

フォトモードはかなり多機能な作りになっていて色々と調整ができますが、特定のポーズをつけられる機能がないところが唯一の不満です。どうにかしてジャストタイミングを自分で作り出すしかないのが辛い。今後のアップデートでポーズ集を加えて欲しいところです。

Days Gone 3

さてストーリーの中身については、ディーコンとサラの過去が徐々に明らかになってきた感じありますねぇ。ディーコンがサラに教わった薬草の使い方を思い出して軟膏を作るとか、そういった場面もありまぁす。サラはそういう研究員だったみたいですね。

しかしまぁこのサラさん、今時のゲームにしては珍しく、美人すぎないところが一周回ってなんかいいですね。これがもしPCで出ていたら確実に今頃美人化MODとか出ていそう。

なんというか、いかにも理想詰め込んだCG美人というよりは、ごくフツーのお姉さんを目指したような。そういう路線もアリかなと。ただ意外に立派な段差をお持ちのようで。上の画像のシーンだとちょっと分かりにくいですけどね。場面によって服装が異なるのですが、服装によってはポイン♥と強調してます。ええ、間違いないです。けしからん段差を見せつけてくれていますぞ。

それがオープニングからあんなシーンを見せつけられることによって、以降ディーコンの回想が余計に哀しく感じられるという…回想シーン挟むたびにしんみりしちゃいますもん。

そうそう、このストーリーミッションの区切り方についてはどことなくGTAっぽくも感じます。GTAといっても僕が知っているGTAはサンアンドレアスまでなんですけど、ストーリーミッションの始まり方とか小分けされた区切り方がなんとなくそれっぽい印象を受ける、と、個人的には感じています。同時にミッションのオチが全体的に淡白なような気もするし、もうちょっと濃い作りだとよかったかなぁ。

Days Gone 4

それはそうと、新たに出入りできるようになったアイアンマイクのキャンプではごっつい武器が売られていますね。名前はタロン7となっていますが、見た感じL96A1っぽいような武器ですな。「軍用品質」とあるだけあって、攻撃力・貫通力も今使っているスナイパーライフルよりずっと強い…すげー。

けど信頼レベル3ってのがなぁ。このゲーム信頼レベル上げるのかなりつらいッスよね。2まではまぁなんとかって感じですが、2から3が地獄なんだよなぁ。でもトロフィー一覧を見ると3つのキャンプの信頼レベルを3まで上げないと取れないトロフィーもあるので、なんにせよやらざるを得ないのか。うへぇ、こりゃ大変なことになりそう。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。