ゲームパスで「Yakuza0」始めた #02

Yakuza0 1

ふぅ…(フキフキ)。というわけで、ゲーパスで始めたYakuza0なんですが、第8章までクリアしました。

ストーリー的にはかなり面白い

8章までとなると大体半分ぐらいは終わったのかな?桐生ちゃんはカラの一坪と呼ばれる土地をめぐる抗争に巻き込まれ、真島の兄さんはマキムラマコトちゃんを保護したことで極道に追われ…と、それぞれに違ったストーリー展開が楽しめていますが、最終章あたりではこの二人の話が一つになる、みたいな展開になっているんでしょうかねぇ。

以前も書きましたが僕はある人から「龍が如くは0だけやっておけばいいよ」みたいな話を聞かされていたのですが、その評判通りストーリーは今のところ抜群に面白いですね。まぁ真島の兄さんのキャラが極1のときと若干違うような気がしなくもないけどw(これは錦にも言える)

Yakuza0 鶴見辰吾

この0では今回も芸能人・俳優が何人も出演しているわけですが、中でも鶴見辰吾さんの演技は抜群にいいですね!なんていうか、ゲームとかアニメに合わせた演技とでもいうか。

これまでも俳優さんがゲームで声を当てるというのは何度も見てきましたが、やはり普通の映画やドラマとは違ってどこか違和感を感じるというパターンも少なくなかったのですが、この鶴見辰吾さんの演技に関しては完璧と言っていいレベルで違和感がない。調べてみると鶴見さんは龍が如く以外にもゲームやアニメでの声優の経験があり、そういうのもあってある程度慣れているのかなという気もします。いやほんと、見事なんですよ。ゲーム映えする演技というか。凄いですね。個人的にはYakuza6の宮迫博之の演技を超えたうまさと感じます。

Yakuza0 竹内力

それと竹内力さんもいい味出してますね。っていうかこの人、若いときは爽やかイケメンだったのに歳取ったらマジでヤクザみたいな顔になっていまいましたな…wまだボスキャラとしては戦ってはいませんが、ゲームの終盤は戦うことになりそうな気もするなぁ。ダンスホールで一緒に踊っていたねーちゃんをいきなり撃って頃すというヤベー人格なだけあり、今後の展開が楽しみです。

実のところ最初は桐生ちゃんのストーリーだけ集中してみたいんだけどなぁなんて思ったのですが、進めているうちに真島の兄さんのストーリーの方がスリリングで面白いと感じるようになっちゃいました。ジワジワと這い寄ってくる恐怖を感じるストーリーというか。僕はこっちの方が好みかな。桐生ちゃん編は錦との友情、そして風間のおやっさんへの情という、お涙頂戴的な王道のスタイルで安定した話作りが楽しめるといった感じ。毎回毎回メインストーリーの脚本はよくできていますね、感心します。

まぁこの調子だと意外と早くクリアできるかも。続きも気になるし、一気に駆け抜けたいところです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。