Xbox One版Fallout 4 MOD「AK400」

AK400 アイキャッチ画像

Xbox One版Fallout 4に「AK400」という武器MODが登場しましたので、早速試してみました。

MOD説明

このMODはロシアの銃器メーカー・カラシニコフ社のAK400をゲーム中に追加するというもの。MODページを読むとゲーム独自のオリジナル設定として、2077年にカラシニコフ社の従業員がプライベートオークションで売り飛ばすため試作品を不正に持ち出し、ボストンに運んできた…というような設定になっているようです。

作者はHyperXさんですが、この方は他にもAKのMODを多数配信しているほか、RU556やMosin Nagantなど、これまでにもクオリティの高い武器MODを作ってきたことで有名な方ですね。なおAK400自体はWikiによるとAK12をもとに作られたもので、シークレットサービスや特殊部隊向けに2015年末から販売されているという、比較的新しいモデルのAKだそうです。へぇ〜。

AK400 クエストマーカー

AK400の入手方法なのですが、MOD有効化後プレイヤーのレベルが20以上の場合、自動的に「Gravedigger」というAK400を探すクエストがスタートします。場所はウィルソン・アトマトイズ工場の少し南、連邦の最南端とも言えるような場所です。

AK400 ガンケースの中身

クエストマーカーの場所には小屋があり、その小屋の中にある地面を掘るとガンケースを発見できます。画像が暗くて分かりづらいため文字を入れましたが、ガンケースの中にはAK400一丁とメモが入っており、メモを調べるとAK400が店で売り出されるようにするか否かの設定や、ケミストリーステーションで作れるようにするかどうかという質問が出ますので好みで選択して下さい。ただ一度選択すると二度と変更が効かない(?)ようですので慎重に…。

補足
輝きの海の「スカイレーン1665便」にユニークがあるそうです。

サンクチュアリに戻って試し撃ちをしてみましたが、さすがHyperXさん、とても感触のいいMODですね。レシーバーはすべてフルオート、改造するにもGun Nutのランクを3や4を要求されるため低レベルのうちは改造がなかなかできない仕様になっていますが、改造自体の幅は結構バリエーション豊かに用意されていて楽しいです。

AK400 サイト

改造面ではストックの長さを2段階調節できるほか、スキン変更、ダメージ調整、フラッシュライトやレーザーサイトの取り付けといったオプションが用意されていて自分好みに調整するのが楽しくなりそうですね。またサイトについてもEOTechはじめ数々のサイトが用意されているほか、サイトの位置を2段階で調整できるなどこだわりを感じますな。ちなみにスコープも1つだけですが用意されています。さらにこれに加えてカスタムアニメーションにカスタムサウンドと、いつもながらリッチですね。

クエストの場所が場所なだけに取りに行くのにちょっと苦労しますが、AK400自体はとてもかっこいいできだと思います。AK好きな方はもちろんですが、そうでなくとも実銃系が好きな方ならかなり楽しめる、全体的にクオリティの高いMODです!

よろしければ記事のシェアをお願いします!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。