Cyberpunk 2077、プレイ動画公開!

Cyberpunk 2077-1

CD Projekt REDの最新作、「Cyberpunk 2077」のプレイ動画が今朝公開されましたな。僕も早速見ましたが、これはかなりの大作感漂ってますね。

ディストピア

リンク:https://youtu.be/vjF9GgrY9c0

動画はYouTubeで公開されていますが、年齢制限があるとか書かれていますのでブログに埋め込むのはやめました。ただ、それも納得な内容ですね。

Cyberpunk 2077-2

動画は日本語字幕も表示できるようになっており、主人公クリエイト画面からクエスト攻略の様子や街の様子、イベントシーンといったゲームの一通りの内容を紹介している感じです。「これが最終決定画面ではない」と前置きされてはいますが、現時点でも相当緻密かつ濃密な作り込みのグラフィックで動きも滑らかですね。

Cyberpunk 2077-3

バトルシーンの様子ではピストル、ショットガン的な武器だけでなく、壁を貫通する武器、銃弾が誘導する武器とか、色々紹介されていました。また数秒間スローモーションになる能力を駆使しながら戦う場面もありました。

個人的に一番驚いたのが街の様子で、これでもかってぐらいNPCで溢れかえってますな。正直「一画面にここまでNPC増やして大丈夫なの?」って感じもするんですが、動画では特にカクつくこともなく動いてましたね。ちょっと前のE3のときはメディアのみに公開されていましたが、そのときあるメディアが映像を見た感想として「これは普通のPS4だと厳しいかも」と言っていたのを思い出します。確かに今回一般公開された映像を見る限りでは僕もそんな印象は受けました。PS4 Pro、Xbox One Xといった上位機種で遊ぶのが無難そうだなと。

それと今回もウィッチャー3同様、日本版には色々と規制が入りそうなシーンも多くなりそうな感じです^_^;戦闘では頭がパーン!となるシーンもありますし、女性のB地区も普通に見えちゃってますし、これはウィッチャー3のときと同じく、ガードには定評のある謎の下着が日本版にはもれなくついてきそうですなw間違いない!(古い)

まぁ最終的にどうなるかは遊んでみるまでわかりませんが、CEROを通さずに出てくれでもしない限りは規制を逃れるのはおそらくできないんじゃないかと…北米版に日本語字幕を別個にダウンロード可能、とかにしてくれれば一番いいんですけどね〜。まぁXboxの場合は日本版を買えば北米版も買ったことになるので後々は無規制で遊べる北米版をダウンロードし直すのもありかなと考えてます。実際今そうしてFallout 4も遊んでいますし。この規制問題はどうなるのか、ちょっと気になるところです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。