Skyrim AE 内戦の勇者

Skyrim AE 内戦の勇者 1

このページではSkyrim AEで追加される「帝国軍のドラゴン装備」と「ストームベア装備」の取得方法を解説します。

特徴

「帝国軍のドラゴン装備」と「ストームベア装備」は、ホワイトランの酔いどれハンツマンに置かれている「勇者の戦い」のメモを読むことで発生するクエスト、「勇者の戦い」のクリア報酬としてもらえる武具です。

このクエストは帝国軍側につくか、ストームクローク軍側につくかで分岐しますが、最終的な内容は変わりません。好きな方についてください。

帝国軍側

帝国軍につく場合はソリチュードのドール城にいるアドベンタス・カエセニウス特使に会いに行き、「勇者を探していると聞いた〜」の選択肢を選んで説得に成功すると帝国軍側の勇者になれます。勇者になった場合「帝国の武器庫の鍵」がもらえますので、武器庫に入って宝箱の中から帝国軍のドラゴン防具一式と、ドラゴンの誓い(片手剣)、アカトシュの鉤爪(戦鎚)、そして地図をゲットしてください。

もし説得に失敗した場合は、ストームクローク軍側に行ってください。

ストームクローク軍側

ストームクローク軍側につく場合は、勇者の適性の証明としてユキグマの毛皮を5個持って、ウィンドヘルムの王の宮殿にいるユルサラルド・トゥライス・ピアスに話しかけてください。しかしユキグマの毛皮を5個集めるなんて面倒くせぇという場合は、カイネスグローブにいるクリジャ・ウルフクローから「クリジャのユキグマの毛皮を盗む」というオプションが用意されています。

Skyrim AE 内戦の勇者 2

カイネスグローブはウィンドヘルムの馬屋から真っ直ぐ南にくだるとたどり着ける、小さな村です。

Skyrim AE 内戦の勇者 3

夜に行くとクリジャがテントで呑気に寝ていますので、クリジャのユキグマの毛皮を盗んでください。ユルサラルドにこのクリジャのユキグマの毛皮を1つ渡すことで、ストームクローク軍側の勇者として認められます。

勇者として認められると「ストームベアの宝箱の鍵」がもらえますので、王の宮殿にある宝箱からストームベアの剣(片手剣)、ツンの審判(両手斧)、ストームベア防具一式と地図を入手してください。

Skyrim AE 内戦の勇者 4

帝国軍側につくにしろ、ストームクローク軍側につくにしろ、決戦はホワイトランのツンドラ・ホームステッドのすぐ北の平原で勇者同士の決着をつけることになります。この戦いでは相手の勇者はお供を引き連れて登場します。しかしどちらの勇者も麻痺が効きますので、あらかじめ麻痺薬を使っておくか、ウィンドシアなどの麻痺効果を備えている武器で攻撃して蹴散らしましょう。そして倒した勇者からもう一方の武器と防具を剥ぎ取ったらクエスト終了です。

Skyrim AE 内戦の勇者 5

このクエストで手に入るアイテムの性能についてですが(防具はどちらも重装です)、まず帝国軍側は、

  • ドラゴンの誓い:片手剣、炎30ポイントダメージ、炎上効果
  • アカトシュの鉤爪:戦鎚、炎50ポイントダメージ、炎上効果
  • 帝国軍のドラゴンの盾:バッシュダメージ2倍、炎耐性+10%増加、盾防御でさらにダメージ20%軽減
  • 帝国軍のドラゴンの兜:体力が低下したとき着用者にEbonyfleshを付与し防御を増加
  • 帝国軍のドラゴンの鎧:炎耐性、雷耐性、冷気耐性を各+30%増加
  • 帝国軍のドラゴンの篭手:近接ダメージ+10%増加
  • 帝国軍のドラゴンのブーツ:体力回復速度+10%増加、炎耐性+20%増加
Skyrim AE 内戦の勇者 6

次にストームクローク軍側は、

  • ストームベアの剣:片手剣、体力とスタミナに30の冷気ダメージ
  • ツンの審判:両手斧、体力とスタミナに50の冷気ダメージ
  • ストームベアの盾:バッシュダメージ2倍、冷気耐性+10%増加、盾防御でさらにダメージ20%軽減
  • ストームベアの兜:ストームベア防具フルセット効果で防御+5(盾はフルセットの対象外)
  • ストームベアの鎧:体力+75増加、冷気耐性+50%増加、シャウトのクールタイム20%短縮
  • ストームベアの篭手:パワーアタックのスタミナ消費量20%減
  • ストームベアのブーツ:スタミナ回復速度+10%増加、冷気耐性+20%増加

となっています。どちらもかなり異彩を放つ見た目ではありますが、性能自体はかなり強力ですね。特に帝国軍のドラゴンの鎧はこれ1つで炎・冷気・雷撃に強くなるのが美味しいですし、防御重視でいきたい人には帝国軍のドラゴン防具はいいかもしれません。重装戦士ロールプレイのときは取ってみてください。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

地球の重力に魂を引かれたオッサンです。好きなジャンルはRPGで、ブログでは主に家庭用ゲーム機のことについて書いていこうと思います。