ゲームパスで「スナイパーエリート5」遊んでみた #01

スナイパーエリート5 1

この5月最後の大型タイトル、「スナイパーエリート5」がゲームパスデイワン解禁となりましたので、早速遊んでみました。

頃せ、ドイツ人だ

僕はスナイパーエリートシリーズは今回が初めてなので過去作のこととか、今作との繋がりについては一切知りません。ともかく今回のストーリーはドイツ軍が占領する島に潜入してやっつけろ、みたいな感じですね。タイトル画面にDLCのフューラーの顔なんかも出てますし、基本的にドイツ軍以外とは戦わないのかな?

スナイパーエリート5 2

主人公は渋めなオッサンで主にスナイパーライフル、アサルトライフル、消音ピストルを使って戦うと。ゲームモードはキャンペーンやクロスプラットフォームマルチプレイのほか、迫り来る敵を倒し続ける?サバイバルモードなんてものも用意されていました。とりあえず今回はキャンペーンモードで最初のミッションをクリアするところまで遊んでみました。

スナイパーエリート5 3

まずパフォーマンスに関してはXbox Series最適化済みというだけあってグラフィックは綺麗だし、フレームレートも60fpsで安定していたように思います。ここは特に不安定な感じは全然しなかった印象で○。また音声は英語ですがUIと字幕ともに日本語化されていますし、普通にプレイする上では特に支障はなさそうですな。

ゲームの内容は基本ステルス行動で、いかに敵に見つからず仕留めていくか、ということになりますが、操作していてちょっと戸惑ったのがRスティックで双眼鏡、Bボタンでしゃがむ(ステルス)になることですね。Fallout 76だとRスティックでしゃがむので、双眼鏡を覗いてそれを解除するためにBボタンを押してしまい、結果ステルスを自ら解いてしまうという過ちを何度か繰り返してしまった^_^;普段Fallout 76をよく遊んでいる僕にはここが少し厄介だなぁと。慣れの問題かもしれませんが焦ったときには操作を間違えそうでちょっと怖いッスw

まぁ武器の構え、スコープを覗いたときのブレを抑える、射撃、リロードといった基本的な操作は一緒なのでそこはすんなり行けてよかったかな。ゲームの難易度もベリーイージー以下の無茶苦茶簡単な難易度が用意されているので初心者にも優しい、というのも何気にポイントじゃないかなぁ。僕みたいなシリーズを初めて触るという人や、お気楽にゲームを楽しんでみたいという人でも遊びやすい配慮じゃないかと思います。それとキルカメラについては特に規制はなさそうというか、Xbox版はIARC16+なので海外のまんま、みたいですね。

遊ぶ前は結構難しそうなゲームという印象が強かったのですが、ゲームの難易度を低くくできるし、じっくり進めていけば僕でもクリアできそうな手応えは感じました。パフォーマンスも安定していたので遊んでいて思ってた以上に楽しかったです。Fallout 76の次のシーズンまでこれ一本で十分楽しめそうな予感…ステルスゲー好きな人やグロテスクな演出もOKって人はダウンロードしてみては。このクラスのリッチな作りのゲームがゲームパスデイワンというのはやっぱ嬉しいですねぇ。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。