荒廃したニューヨークを駆け抜ける The Division #05

The Division1

ディビジョンもレベル18まで上がりました(画像では16ですが)。最大レベルが30ということを考えると、いよいよ中盤戦というところでしょうか。

最北端の地

ところで、上の画像はフィールドの一番北の場所です。この辺りはなぜか特にミッションがないのですが、どんな感じになっているのかと探索してみたら、廃棄されたバスや車で道が封鎖され、これ以上は歩けない形になっていました。もし主人公がアサシンならこのぐらいの高さは強引に乗り越えれそうですが、まぁゲームなんでしゃーないですね。

現状このゲームのフィールドは密度も濃くて結構広いとは思うのですが、来年発売の2はどうなっちゃうんでしょうかね。スケールダウンするってことはないとは思いますが、トレイラーを見た感じでは2もフィールドの密度がかなり高そうなので期待できそうです。

The Division2

前回基地に高性能武器ショップを作ったということを書きましたが、レベルが上がったせいか売り出される武器が紫色のものばかりになりました。まぁそれは喜ばしいことなんですけど、困ったことに僕が愛用しているSCAR-Hに限って、紫武器として販売されていません^_^;

いや、SCAR-Hにこだわらなければ強いマークスマンライフルはいくらでも手に入るんです。ええ。でも僕はあくまでSCAR-Hにこだわりたいというか、好きだから使い続けたいんです。たとえそれがゲーム上では弱いとされる武器だとしても、好きだからどうしても使いたいんです。なのにゲーム上では売ってもいないし、ここ最近は敵から拾えたりもしない。そのおかげでいまだにレベル13の緑武器のままからアップグレードできていないんですよねぇ…参ったなぁ。

僕の運が極端に悪いのかなぁ…付与されるタレントはともかくとして、せめて売り出されてくれよと。このゲームの店は数十時間経過するか、レベルアップしないとお品書きが更新されない仕組みなのでそこが辛いですなー。はぁ〜、一刻も早く紫色のSCAR-Hが欲しいんですけどねぇ。こればかりは運頼みなので本当に困っていますw

The Division3

それと昨日のことなのですが、ディビジョンで初めてマルチプレイで遊びました。僕は普段ソロでのんびりとミッションをこなしつつ、せいぜいセーフエリアですれ違った人に挨拶エモートをするぐらいだったのですが、昨日は狼の巣穴でアイテム整理をしていたら突然見知らぬプレイヤーさんにマルチに誘われまして…「えっ!?」と驚いたのですが、まぁそれならばということで参加して、3人で暴徒ら相手に遊びました。

ただこのマルチプレイ、僕を誘った人(名前からしてロシア人のようでした)はレベルが30だったらしく、出てくる敵はどれもがどれもドクロマーク付きのやつらばかり。一発でも攻撃を食らおうものなら体力を半分以上持っていかれるのでヒヤヒヤでしたね…。ディビジョンではレベルが高いプレイヤーの方に敵のレベルも合わせられる仕様だそうで、レベルがおよそ半分しかない僕にとっては地獄そのもの。下手に前に出ようものなら速攻でやられるので、後ろからチマチマ撃つのがやっとでした。

なぜレベルが半分しかない僕を誘ったのかその意図がよく分からないのですが、まぁマルチプレイ自体はとても面白く、ソロとは違った楽しさがありました。「ひと狩り行こうぜ!」ってわけじゃないですが、やはりこういう遊び方もいいものですな。おかげでレベル30のアイテムもいくつか拾わせてもらいましたし…レベル不足で装備はできないので今は意味がありませんが、ありがたや。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。