Xbox One版Fallout 4 MOD「Modular Infantry Energy Rifle」

Modular Infantry Energy Rifle

Xbox One版Fallout 4に「Modular Infantry Energy Rifle」というMODが登場したので試してみました。

MOD説明

Modular Infantry Energy Rifleは独自デザインのエネルギーライフルをゲームに追加するMODです。ベセスダのサイトへは作者さんとは別の方が許可を得た上で代理アップしているそうです。

MODの使い方ですが、MOD有効化後ケミストリーステーションでクラフトして武器を入手します。「MIER」というカテゴリーから武器と、その弾薬を作れます。

武器の改造は結構多岐に渡る内容となっており、発射されるレーザーの仕様をプラズマ、あるいはガウスライフルに変更できたり、レーザーの色を赤から青に変更、ビームスプリッター仕様、キャノン仕様といった変更もできます。ですので各エネルギー系武器の特徴を一つの武器にまとめ、自分好みに改造して使える、といった感じでしょうか。また光学サイトの取り付けやスキンの変更、ダメージスケールの変更といったこともできます。

しかしMODページに書かれているように現在このMODにはいくつかの既知の問題があるそうで、例えばMaterialカテゴリーにあるペイント変更などは機能していないようです。

独特な見た目は面白いと思いますし、既知の問題があるといっても武器として使う分には大きな問題はなさそうな気もしましたので、レーザー系武器が好きな方は試してみてください。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。