「DEATH STRANDING」最新トレーラーを見ての感想

DEATH STRANDING

PS4独自タイトルとして以前から発表されていた「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」の最新トレーラーが本日公開されましたな。

アメリカいっつも崩壊してんな

映像の中で「アメリカを再建しろ」とか「人類が皆滅びてしまう」といった台詞が見られますが、ゲームのベースとなっているのはポストアポカリプスといったところでしょうか。

正直なところだいぶ前に公開された映像からは僕はあまり興味が持てなかったというか、「謎を解き明かしていくアドベンチャータイプのゲームなのかな」と勝手に想像し、なんとなく自分には合わなそうとか考えていました。ですが今回公開されたトレーラーでは実際に動かしている場面、バトルシーンなども紹介されていて、それを見たら「結構面白そう?」と印象は変わりましたねぇ。

内容としてはアクション性も結構高いようで、バイクでフィールドを走る、敵を蹴る・殴る、あるいは銃で撃つといったシーンも見られますな。あと梯子を担いで山を登ったり、なかなかユニークな場面も見られますね。

主人公は運び屋という設定だと以前のトレーラーで語られていましたが、そうなるとメインクエスト、サブクエストでもあっちこっちに駆けずり回るようなゲームになっているんでしょうかね…。それとグラフィックに関しては文句なしにどこ見ても綺麗!Proにしないとあの映像は再現できないかもしれませんが、すごい作り込まれているなぁ。

敵も得体の知れない何かやアサルトライフルを持った不気味な兵隊など、なんやかんやでドンパチをするゲームになるのか、興味深いなぁと。まぁ予約はしないけど世間の評判次第では買ってみるのもいいかもしれない、などと思いました。現時点では。

発売日も11月8日と決定したようですので、無事このまま延期せず発売されるといいですね。個人的にはどういったゲームになっているのか、もうちょっと知りたい。続報待ちたいです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。