Fallout 76プロジェクトリーダーJeff Gardiner氏、退職

Fallout76

Fallout 76のプロジェクトリーダーを務めていたというJeff Gardinerさんがベセスダを退職したと報じられましたな。

76への影響はあるのか

リンク:『Fallout 76』プロジェクトリードJeff Gardiner氏がBethesdaを退職。『Fallout』シリーズや『Skyrim』を支えた人物

記事によればJeff Gardinerさんという方は2005年にベセスダに入社し、以後Falloutの3、4、76に関わってきただけでなく、Skyrimでもシニアプロデューサーを務めるなど、随分と輝かしい経歴ではありますな。なぜこうした重要なポジションを担ってきたJeff Gardinerさんがベセスダの退職を決意したのか、その理由は語られていませんが、円満退職ということだそうです。

訳:ベセスダ・ゲーム・スタジオでの私の時間は終わりを迎えました。Oblivion、#Fallout3、#Skyrimのデザイナーのプロデュースから、#Fallout4のリードプロデューサー、そして最後には#Fallout76のプロジェクトリーダーまで、素晴らしい経験をさせていただきました。同僚がいなくなるのは寂しいですが、素晴らしいファンの皆さんに感謝したいと思います。ご期待ください。

まぁ当然業務の引き継ぎといったものはやって退職しているとは思いますが、拡張コンテンツである「The Pitt」を発表したばかりなだけに、これだけのポジションにあった人物がその実装を迎えないまま退職というのはちょっと驚きですね。

76はもう3年近く運営されているゲームですし、プロジェクトリーダーが代わったからといってゲーム性が突然変わるってこともないとは思いますが、今後どうなっていくのかちょっと気になるところではあります。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。