ゲームパスで「アリス マッドネス リターンズ」を遊んでみた

アリス マッドネス リターンズ 1

ゲームパス配信タイトルを漁っていたところ、なんとなく目についた「アリス マッドネス リターンズ」をダウンロードして遊んでみました。

やっぱりアリスの作るブラウニーは美味いな

このゲーム、2011年にXbox360、PS3、PCでEAから発売されたゲームらしいですな。日本でも日本語版(吹き替えなし)が出たとのことですが、結構有名なタイトルなんですかね?にしてもEAって言えば現在はオンラインマルチ前提のゲームしか出してないっていうイメージなんですが、10年前はこういうのも出してたんですねぇ。

アリス マッドネス リターンズ 3

ゲームの内容は幻覚症状に悩むアリスが暴力が蔓延する不思議の国で失われた記憶を集め、真相を探るというもの。その不思議の国っていうのがなんともグロテスクというか、悪趣味なビジュアルで構成されていて、そこがこのゲームの特徴でもあり面白いところです。

アリス マッドネス リターンズ 2

ゲームは3Dアクションで、プレイヤーはアリスを操作して敵を倒したりちょっとしたパズルを解きつつ進むというものですが、このアリスちゃんの攻撃方法ってのがナイフをぶん回す、ガトリングガンのようなペッパーシェイカーで敵を撃ち抜く、傘を広げて敵の攻撃を跳ね返すといったもので、結構多彩ですね。キャラクターのモデルはもう10年前のゲームなので古臭さを感じますが、個人的にビジュアル面の方向性は好きかな。人を選ぶとは思いますが、この時代のゲームとしてはかなり凝っていて綺麗だと思います。

で、しばらく遊んでいたんですけど、このゲーム、1チャプターがとにかく長い!普通のゲームだったら2〜3ステージは終わっているだろって長さで1チャプターが区切られていて、細かく休憩を取りづらいところが現代のゲーム事情には合わない感じ。アクション自体は軽快だし、実績もポンポン解除されていくのでやってて楽しんだけど疲れるという。

まぁそんなこんなで色々と思うところはあるものの、一応続編が出る予定になっているみたいです。この方向性を維持した上で現代基準のシステムやグラフィックで見てみたいってのはあるかも。それまでの予習にこうして遊んでみるのはいいかもしれないですね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。