Fallout 76 秋の引越しと1stメンバー

Fallout 76 新キャンプ

扇動の爆発コンバットショットガン入手を機に、サブキャラをショットガンナーへ転職させ、さらにC.A.M.P.を河辺に移動させました。今まで山奥にいたせいもあって、開放感が強く感じられていいですね。

1stメンバー現る!

引越しした理由としては鉛を気にする必要もなくなった、というのがあります。これまでサブキャラはフルオートハンドメイドがメイン武器で、5.56弾確保のため鉛を抽出できる場所にC.A.M.P.を作っていたのですが、ショットガンだと大抵の敵はワンパンでいけるため弾もそれほど使わないので、鉛にこだわる必要性も薄いかなと。

それで今度は襲ってくる敵も弱くて見晴らしのいいところにしようということで、森林地帯の河辺に移動した、という感じです。おかげで「弾薬をなんとかしなきゃ」っていうある種の切迫感からも解放されて、引越しして正解でした。

それにショットガンシェルって1キャップで大量に売られているC.A.M.P.も結構見かけますしね。いざとなれば買えばいいし、敵もよく落としますし、ハンドメイドより弾薬確保は全然苦労しないかなと感じています。

Fallout 76 スクラップボックス

まぁそんなこんなでデイリーこなすついでにC.A.M.P.巡りなんかをやっていると、ちょこちょこと見かけますな、スクラップボックスを!1stメンバーに与えられる、ジャンクを無限に入れることのできる夢のアイテムがこれか…!と、まじまじと見てしまうという。

「有料アイテムはコスメアイテムだけ」、そんな発言を完全にひっくり返す形で登場した1stメンバーシップではありますが、やっぱりこのゲームが好きだからこそ、これまで1年間遊び続けてきた人間だからこそ羨ましくもありますな。う〜ん、やっぱりこのビッグウェーブに乗るべきだったのだろうかと…正直思うところもありますね。国内外の76ユーザーの動画を見ていると、やはりプライベートワールドは快適に動かせるらしいというのが伝わってくるので、やっぱり快適な環境で遊んでみたい欲というのはわきます。

たかが1,500円、されど1,500円。でも今月色々とお金も使っちゃったしなぁ〜っていう。来月は来月でサイバーマンデーがくるのでセールでゲーム買いたいし、みたいな。アウターワールドもきっと多分セールになると思うので、僕はサイバーマンデーで買う予定です。お金はそれ用に取っておきたいので、まぁ今は…我慢。

ただ一方で、こうして有料会員サービスを堂々と解禁した以上は、おそらくはもっとエゲツないやつもくるかもしれないなんて、予想ができなくもないですな。なんだかんだ言われながらも1stメンバー加入権は売れているっぽいですし、実際加入者には好評のようですから、この調子で年内にあと一発、ミニ・ニューク落とす勢いの何かが来たっておかしくはない、そんな気もしますね僕はwまっ、僕は76というゲーム自体は好きなので、ベセスダはとことんやってみればいいさと。

「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ 行けばわかるさ」

と、アントニオ猪木が引退試合の最後に述べた詩をトッド・ハワードさんに贈りたいなと思います。それが地獄への片道切符になるのか、それとも起死回生の秘策になるのか僕にはさっぱり分かりません。どっちかっていうとヤバい方向に傾いていきそうな気がしなくもないですが、ともかく今のうちにやれることはやっておいた方がいいと思います。

Fallout 76 瓶詰めのスコーチの頭

こうした有料会員サービスをやる一方で、大小のバグもなんとかして欲しいところではありますね。例えば「瓶詰めのスコーチの頭」と書かれた瓶詰めスコーチの手とか。アイテムIDと翻訳のファイルにズレか何かが起きているんでしょうけど、ゲーム進行に実害はないとはいっても素人が見ても一目でわかるおかしな部分も含めて修正は念入りにやって欲しいところです。っていうか、昔からこうでしたっけ^_^;

Fallout 76 瓶詰めのスコーチ

そしてC.A.M.P.のショーケースに瓶詰めスコーチの頭・手・足を並べる…と。こうした一種の狂気性というか、サイコパスっぽさがあるところが、僕がこのゲームを嫌いになれない理由でもあります。倒した敵がバラバラになったりするじゃないですか。最近は何かにつけて規制・規制と騒がれる時代なのに、Falloutは良くも悪くも我が道を行っているところがあって、そこがやっぱり好きなんですよねぇ…。だから応援はしたいし、いずれは僕も一度くらいは1stに入ってみようかな〜なんてふうには思ってます。ただこれから冬・春にかけてどんなエゲツないものが来るのか、楽しみでもあり怖くもありますね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。