Fallout 76 安定化クリムゾン溶剤を量産しよう

ブラストベリー

このところプライム化したガウスミニガンを手に入れたこともあって、その弾薬を作るために暇さえあれば安定化クリムゾン溶剤を作っている毎日…。何を今更という感もありますが安定化クリムゾン溶剤について、作り方をまとめておこうと思います。

ホワスプか湿原か

核ミサイル着弾地点

安定化クリムゾン溶剤の素材である「未処理のクリムゾン溶剤」集めについては、ホワイトスプリングかクランベリー湿原がいいのかなと思います。ホワイトスプリングは建物の入り口前なんかで採取できますし、「高放射性流体」「発光塊」「硬化した塊」についても敷地内の無数にいるグールから取りやすいというメリットがあります。

同様にクランベリー湿原はそこら中に生えているクランベリーが放射能の影響で未処理のクリムゾン溶剤になりますので、簡単かつ大量に集めることが可能ですが、「高放射性流体」「発光塊」「硬化した塊」を落とすザコ敵がそれほど多くいないところは少し問題ですね。そこでクランベリー湿原で溶剤集めをする場合は、ワトガ駅東の地割れ地点がブラストゾーンに含まれるように核を落とすのがポイントとなります(理由は後述)。

ブラストベリーとサトリキノコ

さてクランベリー湿原では特産品(?)であるクランベリーが「ブラストベリー」になるほか、脳みそキノコが「サトリキノコ」に変化し、採取すると未処理のクリムゾン溶剤となります。当然PerceptionのPerk、「Green Thumb」を装備しつつ効率的に採取したいところです。

しかし未処理のクリムゾン溶剤を安定化クリムゾン溶剤にするためには「高放射性流体」「発光塊」「硬化した塊」の3つのアイテムが各1個ずつ必要となるわけで、それをクランベリー湿原で集めるさいに、先ほど書いた「地割れ地点」が役に立ちます。

ウルトラサイト鉱脈1

具体的にどういうことかというと、地割れ地点にあるウルトラサイト鉱脈を調べてウルトラサイト鉱石を拾ってください。すると拾ってから20〜30秒後ぐらい(サーバーの調子に左右されるのかも)にプレイヤーの周囲にスコーチが4〜5匹スポーンするので、彼ら(もしくは彼女ら)を倒し、「高放射性流体」「発光塊」「硬化した塊」をゲットします。一応このクランベリー湿原にはザコ敵が所々配置されてはいるものの数はそれほど多くないので、このウルトラサイト鉱脈を利用した稼ぎを利用しないと3アイテムの数を揃えにくいというのはあります。

ウルトラサイト鉱脈2

なおウルトラサイト鉱脈は地割れ地点だけでなく溝の壁にもまれにあります。素材の数が不足している場合はこれらも見逃さず利用してみてください。

バイオレット溶剤の素材

そのほかにもクランベリー湿原ではフラッシュファーン、ハーフライフヒップといったバイオレット溶剤の素材もたくさん採取できるので、スコーチクイーン戦が終わったついでに作りに出かけるのもいいですな。ウルトラサイトフュージョンコアが欲しい人はここで量産するのが一番効率的かもしれません。

安定化クリムゾン溶剤

無事素材を集め終わったらケミストリーステーションで安定化させます。もちろんそのさいはLuckのPerk、「Super Duper」も忘れずに。ちなみに安定化クリムゾン溶剤1個につきプライム化ガウス武器の弾薬となる「ウルトラサイト2mm電磁気カートリッジ」はAmmosmith2込みで108発…ミニガンでの運用を考えた場合、10個や20個程度ではちょっと不安ですね。積極的にブラストゾーンに入り量産していきましょう。

T-65とガウスミニガン

Fallout 76 対アーマーガウスミニガンを担いでスコビクイーン戦に参加した件

2020年6月9日
T-65

Fallout 76 現状最強ヘビーガン?血濡れのガウスミニガンをゲット

2020年6月6日
T-65

Fallout 76 T-65とガウスミニガンと私

2020年5月31日

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。