Fallout 76 T-65とガウスミニガンと私

T-65

いや〜、今日やっとウェイストランダーズの目玉装備であるT-65とガウスミニガンが揃いました。長かったなぁ〜。

しかし本番はこれからだ

T-65に関しては衝撃補正と緊急プロトコルを組み込んであるので、装備としてはこれでもう特にいじる必要がなく、終わりと言えます。まぁせいぜいショップでの課金スキンの販売を待つぐらいですね。

問題はガウスミニガンですな。こいつに関しては設計図を取ってからがむしろ本番というか、これから厳選や運用など問題がいくつか残っています。

ガウスミニガン

まず厳選についてですが、マームルBBAからレジェンダリーモジュールを10個購入し、今回5丁ガチャをしてみました。その結果…理想である対アーマーは一つもなし!まぁ、僕の引きの悪さからして当然の帰結と言えましょう(涙目)。

ある種使えそうなものとしては「ジャンキー+発射速度アップ+AP消費ダウン」というのが出たには出たんですが、僕はジャンキーマニアではないのでこれは残念だけど証書行きですね。世の中にはジャンキー使いの人もいますので自動販売機で売るっていうのも手には手だと思うのですが、このガウスミニガン、売ったり手渡したりができない属性のアイテムなので、どうすることもできないという…はぁ〜…。

もしこれがジャンキーではなく対アーマーであれば厳選はここで終了だったんですけどねぇ。なんとも残念です。

ガウスミニガンとDemolition Expert

それとこのガウスミニガンに限ったことではないですが、ガウスピストルやガウスショットガンには爆発属性が最初から付与されているということで試しにDemolition Expert4を装備してどの程度ダメージが変わるか見てみました。でも、大きな変化はないッスね。たった7しかないの?という。これぐらいなら誤差の範囲かなぁ…わざわざDemolition Expertをつける必要性は薄いかも、と判断しました。

ウルトラサイト2mm電磁気カートリッジ

個人的に一番問題かなと思えるのが弾薬の問題です。ガウスミニガンは2mm電磁気カートリッジを使うわけですが、こいつの何が問題って、重量なんですよね。

普通の2mm電磁気カートリッジはBatteries Included3込みで0.003ですが、ウルトラサイト2mm電磁気カートリッジとなると0.005になってしまう。これがピストルやショットガンなら1000発でも持ち歩いていれば十分持ちます…が、ミニガンで1000発なんてすぐ尽きてしまうのでできれば10000発はほしい。しかしそれ持ち歩くとなると重量は50ですよ、50!え〜!?っていう。

ただウルトラサイト2mm電磁気カートリッジはクリムゾン溶剤を作る手間はあるものの、Ammosmith2込みだと1個につき108発クラフト可能なところが長所でもあるんですよね…308口径弾なんかもそうですが、ウルトラサイト化することで普通の弾薬を作るよりはよっぽど一度に数を集められるのは間違いない。ちなみに普通の2mm電磁気カートリッジはAmmosmith2があっても一度に27発しかクラフトできないので、こんな数でミニガンの運用はかなりしんどいです。その分ちょっと軽いですけど…でもなぁ。

いやこれ、やっぱり運用するならプライム化させて使うべきかなぁ。弾薬が重いのでそれほど持ち歩けないところが難点ですが、これを機会に所持品を見直してなんとかするべきか…取ったはいいけど、色々と面倒な武器と言えるかもしれませんね、ガウスミニガンは。強いのは間違いないし、それこそ血濡れ効果がついたらヘビーガン最強なんでしょうけど。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。