Fallout 76 対アーマーガウスミニガンを担いでスコビクイーン戦に参加した件

T-65とガウスミニガン

先日手に入れた対アーマーガウスミニガンをプライム化した上でスコーチビースト・クイーン戦に投入してみました。

対アーマーウルサイガトレザはもう不要ら!

構成としてはプライム化した対アーマーガウスミニガンにHeavy Gunner3、Expert Heavy Gunner3、Master Heavy Gunner3、Stabilized3、One Gun Army3のPerkを加え、そこにサイコバフと。それでスコビクイーンにヘッドショットを決めて大体1発あたり35〜38入ってますね。う〜んとなるとレジェンダリーで「照準中ダメージ10%UP」が付けば40ぐらいはいきそうですな。

対アーマーでこれだと血濡れ+Nerd+副腎の組み合わせなら1発で150〜200ぐらいはいくのかな…まぁいずれにせよこれまで使っていた対アーマープライムウルサイガトレザはもうクイーン戦で使うことはないかな、と。単純にダメージだけでいえばガウスミニガンの方がやっぱ強いッスね。

ただガウスミニガンの特徴は、

  • ウルトラサイトの弾薬が重い(Batteries Included3込みで0.005)。
  • ウルトラサイトの弾薬はクリムゾン溶剤1個で108発しか作れない。

でもあるので、「ダメージは高いが生産性が低く大量に持ち歩きづらい」と言えると思います。弾持ちという点ではガトレザの方がいいかなー…。まぁ自分で核を落とすなり、自分で落とさずともクイーン戦終了後にクランベリー湿原でクリムゾン溶剤の材料集めもしっかりやっとけば切らすこともないか。とりあえずこれからはクリムゾン溶剤売っている自販機があれば逃さず買っておこうと思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。