「PCエンジン mini」収録タイトルを見ての感想

PCエンジン mini

先月発表された「PCエンジン mini」ですが、収録予定の50タイトルが発表されましたな。

天外Ⅱはどこ…ここ…?

リンク:PCエンジン mini公式サイト

公式サイトには収録されるという50タイトルが出ていますが、大方の予想通りコナミ作品の有名どころ、つまりときメモ、ドラキュラ、スナッチャーなどが入っているというのは嬉しい限り。

ですがコナミに吸収されたハドソン作品からは桃伝Ⅱ(ターボはない)、PC原、ネクロマンサーなどはあるものの、僕が一番期待していた天外魔境シリーズは一作もなしwおいおいおいおい…コナミよ…どうして…。

PCエンジンといえば天外だろ!と。中でも天外Ⅱを語らずしてPCエンジンは語れないでしょーが!と、叫びたい衝動にかられましたよ、マジで。よりによって天外シリーズ全部落選ですか。うわぁ〜…。

まぁでも貴重なPCエンジンのときメモが入っているっていうのはデカいか…個人的に移植作含めたときメモの中でやっぱり一番いいのがPCエンジン版だと僕は思っているんです。オープニング映像も、ゲームバランス的にも。これで天外Ⅱが入っていたら迷わず買ったんですが、ないとなるとなぁ…ちょっと迷うなぁ。いやでも買うかぁ?なんか腑に落ちないけど…。

天外Ⅱの何がダメだったんでしょうかね。人体欠損やミスティックパワー的な、当時としてもギリギリなイベントが盛り沢山なところですかねwあるいは音楽的な著作権とか、広井王子総帥が首を縦に振らなかったとか?う〜む、考えられる原因がいくつかあるだけにモヤモヤしますが…とにかく天外Ⅱがないってのが残念で仕方ないですね。コナミには発売までなんとか調整してもらえないかしらと思っちゃいますよ。NECから発売されたエメラルドドラゴンやリンダキューブ、ドラゴンナイトシリーズもないし…あの時代のRPGに期待したんだけどなぁ。

最低でも天外Ⅱとときメモが入っていれば買うぜ!って考えていただけにこれは痛い…でもどうすっかな〜。今夜はじっくりそのへんじっくりと考えてみとうござひます。はぁ…。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。