Horizon Zero Dawn DLCの新機械「スコーチャー」公開

プレイステーションのヨーロッパ公式アカウントにて、Horizon Zero DawnのDLC「凍てついた大地」に登場する新機械「スコーチャー」の画像が公開されましたね。

焼き焦がす!


見た感じとしてはラヴェジャーやソウトゥースのモデルを流用して作られた機械、という感じでしょうか。個人的にラヴェジャーらは虎をイメージしたように見えましたが、スコーチャーは耳がピンととんがっていてどことなく狼っぽく見えます。

ちなみに名前の「Scorcher」についてですが、辞書で調べてみると「Scorch」は「焼き焦がす」「焦土化する」という意味があるようです。となると、炎による攻撃が得意そうな機械なのかもしれませんね。

なおGamesparkの記事によるとDLCのプレイ時間は15時間を想定されているとのこと。なかなかボリュームがあるようですな。スコーチャー以外の新しい機械、新スキル、新武器といったものがどうなっているのか本当に楽しみです。

記事:https://www.gamespark.jp/article/2017/11/01/76597.html

水のシェーダー改善

先日Horizon Zero Dawnはバージョン1.40にアップデートしトロフィーの内容もDLCを含むものに更新されたことをブログでも書きましたが、

Horizon Zero Dawnがモンハンワールドとコラボ、DLC新スキルも明らかに

2017.10.31

どうやらこのアップデートはバグやトロフィー更新の内容に加えて水のシェーダー(陰影処理)にも手を加えているということが海外のニュースサイト「GearNuke」で検証されています。

記事:http://gearnuke.com/horizon-zero-dawns-water-shaders-comparison/

ここにきて特別バグというわけでもなかった部分にまで改善を加えるというのは珍しいですね。このゲームはとにかく大自然の描写が美しいですが、なおも手を加えてこだわりを追求していく姿勢には頭が下がります。

よろしければ記事のシェアをお願いします!