Fallout 76 食べる前に呑む!

Fallout 76 セッション

ビッグ・アルのタトゥーパーラーで突如始まるジャム・セッション。デイリークエストをこなすため人の出入りがしょっちゅうあるせいか、演奏していると自然と一緒にやってくれる人が結構多く、面白いですね。

いや〜キツいッス

Wild Appalachiaが始まってからというもの、毎日毎日デイリーチャレンジに何かしら酒がらみのチャレンジが入っていますが、これの何がキツいって25回呑めだの、昨日なんて50回呑めだの、ちょっとやりすぎでしょ、これはw「Professional Drinker」がないとやってられないというか…これだけのためにもと言ったらアレかもしれませんが、でも少なくともENDは3まで上げて、「Professional Drinker」をいつでも装備できるようにしておくのが無難ですな。

Fallout 76 ウィークリーチャレンジ

ビブのデイリークエストでは毎回何かしらの醸造レシピがもらえるため、やりがいが他のデイリーよりあっていいですね。ただバグだと思うのですが、Wild Appalachia以降、ビブ以外のデイリークエストが発生しないという状態になっているのには笑います。またWild Appalachiaで追加されたチャレンジは説明文が英文のままのものも目立ちますし、さすがベセスダ、詰めが甘いですね。

とは言いつつもなんとか今回もウィークリーチャレンジもパーペキに終わらせてポイントをゲット。酔いながらロボットを76機破壊するだの、もう一時期はワトガがめちゃくちゃでしたな。

ただそれよりは酒造りチャレンジで10本、20本のクラフトの方が厳しかったような。現在のC.A.M.P.が山の麓にあるため、汚れた水を汲むのに不便ですし(水道ポンプは反応が遅いので使う気にならない)、沸騰させた水だけでなく醸造自体にも木材を使うため木片の使用量がハンパないなど、面倒なところもありますねぇ。あと数日、下手すれば今月中はずっとこの調子なんだろうかと思うと若干気が滅入ります。「酔いながら3レベルアップする」とか勘弁してください、マジで。

勘弁してくださいといえば今流行りの(?)X-01用クアンタムカラーもすごい競争率でなかなか取れず。ワンタイムキーを生成して見晴らしのいいキャビンに行くとすでに隠し部屋が開いていてキーカードが取られているという事ばかりで、いまだに設計図を取れていないです。まぁ4の流用だし、今特にX-01を使う必要性があるわけではないものの…なんか悔しい!かといってリログ地獄をする気にもならないので、う〜ん、しばらく様子を見た方がいいのかなぁ…。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。