十三月のふたり姫、開発ミーティング映像公開

十三月のふたり姫

昨年クラウドファンディングにより開発がスタートしたAndroid/Windows向けのゲーム「十三月のふたり姫」ですが、開発のキーマンである鈴木大司教のインタビューを中心とした動画がキックスターターで公開されました。

開発は順調!?

リンク:2019 1st Meeting /開発ミーティングの模様をお届けします

このところ名前を聞かないなと思っていたのですが、水面下では色々と話が進んでいるようですな。

動画での鈴木大司教と増子津可燦さんの話によると、

  • なぜ姫は眠っているのか、真実の愛とは何かがテーマになる。
  • 歴史的な登場人物の下調べに時間がかかった。
  • シナリオを見ながら音を考えている。
  • 効果音はリアルなものとジングルで合わせて行こうと思う。

などと近況報告をしています。そのほかキャラクターデザイン担当のアオガチョウさんや、プログラマーの方などもちょっと出てコメントしていますね。併せて、ミーティングの様子も少しばかりの時間ですが見ることができます。

僕はこのゲームに去年1,000円だけなんですが投資していて一応バッカーになっているのですが(エンディングに名前が出るらしい)、中には100万円とか投資した人もいるぐらいでしたからねぇ…まぁ金額云々という話は抜きにしても、お金を集めてゲーム開発をスタートした以上はちゃんと完成までこぎつけて欲しいものですな。

十三月のふたり姫

「十三月のふたり姫」、700万超え達成

2018年5月14日

当初の発表だと2019年10月発売予定ということでしたが、どうなりますかねw僕は小・中学生時代にメガテンシリーズでこのお二人の洗礼を浴びた人間ですので、良い意味でアクの強い、鈴木大司教らしさ全開なストーリーを期待しています。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。