ゲームパスで「パワーウォッシュシミュレーター」を遊んでみた

パワーウォッシュシミュレーター 1

本日からゲームパスで配信された「パワーウォッシュシミュレーター」を早速遊んでみました。

完璧主義者のあなたへ

今のところSteamとMSストア(Xbox/PC)で発売されているゲームみたいですな。スクエニ案件ですがちゃんと日本語訳されていました。

パワーウォッシュシミュレーター 2

ゲームの内容はプレイヤーがプロの高圧洗浄業者となり、あらゆる汚れを落とし仕事をこなしていくというもの。特定部分の洗浄が完了するとその都度お金が入ってきて、新たな装備や洗浄液といったものを買い、パワーアップしていく…みたいな感じですね。

「水圧は強いけど洗浄範囲が狭い」、あるいは「水圧は弱いけど洗浄範囲は広い」といったノズルを適切に駆使しつつ汚れを落としていくのですが、黙々と1時間ちょっと遊んでしまいました。多分どっちかというと地味なゲームだとは思うのですが、なぜだか続けてしまう不思議な魅力がありますね。

ただ1人で遊ぶにはこのゲーム、結構疲れるw意外にステージが広くて大変なんですよねぇ。マルチプレイに対応しているので一緒に遊べるフレンドがいるならサクサク進められてさらに面白く遊べそうだなぁとは感じました。モードによっては最大6人のマルチ対応になっているので、それを想定した大規模なマップが用意されているのかもしれないです。

どこが汚れているのか?というのを一瞬表示してくれたり、メニュー画面でも一覧表として確認できるため、どこを洗えばいいのかわからないってことはないはず…潔癖症の方、完璧主義者の方はほんと没頭できそうなゲームなのでプレイしてみては。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。