Fallout 76 レジェンダリーPerk含めビルドを変更

Fallout 76 新ビルド

さて来週「LOCKED & LOADEDアップデート」がいよいよ実装される予定ですが、シーズン3完走以来久々に76に復帰し、ちょっとビルドをいじってみました。

Follow Throughを外しました

振り返ってみるとこのゲーム、去年の9月から10月にかけてレジェンダリーPerk実装と戦闘バランスの再調整と、結構大きなバランス変化があったんですよね。それから早くも半年以上経って「ここはちょっと変えた方がいいんじゃない?」というところも出てきましたので、思い切ってビルドを変更し、新しいビルドでシーズン4を走ってみようと思った次第でござひます。

Fallout 76 B.O.S.とLMG

Fallout 76 パッチ22以後の私的ビルドと装備

2020年10月1日

シーズン3までのビルドは上の関連記事の通りでして、これを基本としつつ少しアレンジを加えて再調整してみました。

レジェンダリーPerk

  • Master Infiltrator
  • Funky Duds
  • Perception
  • Endurance
  • Intelligence
  • Agility

まずレジェンダリーPerkについてはステルスアタックのダメージアップにつながるFollow Throughを外し、Perceptionアップを入れました。Master Infiltratorとも迷ったんですが、便利Perkは一応取っておきたいので今回は残しました。

ちなみにFunky Dudsはランク2までしか上げていませんが、それ以外はすべて最高ランクまで上げ切っています。Funky Dudsは2まで上げておくだけでもマイアラーククイーンの毒攻撃にも十分余裕を持って耐えれますので、今はこれでいいかなって感じです。

このレジェンダリーPerkをセットした上で、通常のPerkは以下のように構成してみました(僕は血濡れ・不屈装備です)。

STR:5

  • Bandolier 2
  • Blocker 3

PER:15

  • Commando 3
  • Expert Commando 3
  • Master Commando 3
  • Tank Killer 3
  • Ground Pounder 2
  • Concentrated Fire 1

※Ground Pounderを1→2に変更。

END:10

  • Aquaboy
  • Radicool
  • Cola Nut 2
  • Lead Belly 3
  • Fireproof 3

※Cola Nutを追加し、Fireproofを2→3に変更。

CHA:7

  • Strange in Numbers
  • Inspirational 3
  • Tenderizer 3

※Tenderizerを1→3に変更。

INT:8

  • Nerd Rage! 3
  • Demolition Expert 5

※Demolition Expertを2→5に変更。

AGI:15

  • Escape Artist
  • Light Footed
  • Gun Fu 1
  • Adrenaline 3
  • Sneak 3
  • Covert Operative 3
  • Evasive 3

※Light Footed追加。DodgyをEvasiveに変更。

LUC:15

  • Class Freak 1
  • Starched Genes 2
  • Serendipity 3
  • Critical Savvy 3
  • Better Critical 3
  • Tormentor 3

※Bloody MessをTormentorに変更。

PERをレジェンダリーPerkで補強した分、他のPerkカードをちょっと強化したり、入れ替えることに使ってみました。

補足

まずPERに関しては本当はAwarenessを入れてみたかったのですが、あれ星1なのに2消費するので諦めました。そのためGround Pounderを2に上げて、リロード速度と腰だめ撃ちの命中率をアップ。個人的に腰だめ撃ちは結構やるので、純粋に戦力アップではあります。

次にENDに関してはCola Nut 2を入れてみました。

Fallout 76 ヌカコーラ・クアンタム

このPerkのおかげで例えばクアンタムなんかは超回復力を持つアイテムへと変貌しますね。HPだけじゃなくAP回復も凄まじいので、V.A.T.S.クリティカルも重視している自分としてはいざという時の緊急回復にも使えていいかな、と。クイーン戦とかコロッサス戦ではかなり役立つんじゃないかと思います。今後もこうした類のボス戦が将来的に追加されれば、さらに役立つ…かもしれない。

CHAはTenderizerを3まで上げました。Follow Throughを外したりBloody Messを外した分の補強の意味合いもあります。

INTはDemolition Expertを5まで上げました。僕の通常のメイン武器は血爆アサルトライフルとツーショットグレネードランチャーなので、これらの武器のダメージ底上げです。

AGIについてはLight FootedとEvasiveが変更点ですね。前者は罠をいちいち気にすることなく歩きたいからですw要は面倒ごとから解放されるためですね。そんなに出番のあるPerkではないんですが、そのちょっとした面倒が面倒で仕方ないのでつけました。

Evasiveは「パワーアーマー未装着時、AGIのポイントごとにダメージ耐性とエネルギー耐性が増加する」という効果ですが、Dodgyの「APを消費して確率で敵の攻撃を避ける」より生存率が高まっているような気がしなくもない。AP消費で確率回避というのがどうも引っかかる…つまり「確実性がない」のでやめました。

Dodgyの説明は誤訳だったみたいです

最後LUCはボス戦用にTormentorを設定。まぁ実質スコビクイーン戦用みたいなもんですが、これつけてクイーンの翼を攻撃するとわりとあっさり地上に落とせるので便利だと思います。普段はBloody Mess、クイーン戦のみTormentorでもいいと思いますが、切り替えが面倒なのでこれでもいいかなって感じ。

というわけで今回のビルド変更では痒い所に手が届く、といったものをあえて入れてみました。正直最初は「Follow Throughを外したことで敵が倒しにくくなったかもしれない」とか思っていたのですが、試しにこのビルドでウエストテックに行ってみたところ、スパミュ相手でもこれまでとそんなに手応えが変わらない気がしたのでこれでいいかなと。ただこれは血濡れ不屈爆発ありきの話なので、それらの要素を含んだ装備でない人にはまた違うと思います、当然。パワーアーマーの人ならTaking One For The Teamがあった方がいいとか、そういうセオリーがあるでしょうしね。

次回のアップデートでは「S.P.E.C.I.A.L.ロードアウト」が加わるので、それが実装されたらまた少しいじるかもしれません。が、しばらくはこれで行ってみようと思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

4 件のコメント

  • ぶっちゃけドッジーがオススメです
    フルssアーマーだとPVEならdtはもう飽和状態なので更にdtを上げてもほぼ意味がありません
    ドッジーはこの間強化(2秒のap未消費時間設定)もついたので、相当な強perkになってます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。