Fallout 76、ワシントンDCマップを作成中の噂

ワシントンDC

Fallout 76の動画でお馴染み、InnovSurvivalistさんの動画によると、76の新規マップのプロトタイプとしてワシントンDCが現在作られているらしいですね。

Virtual Workshopはある意味フラグだった?

動画概要欄の説明文によると、

Bethesda has been working on new expedition files and a recent leak suggests that they plan to take players into Washington DC. One of the leaked screenshots is awfully similar to the Dupont Circle area in Fallout 3. As such, if this concept goes forward, the upcoming expeditions system will indeed take wastelanders into the Wasteland Capital.

For now, there are thousands of assets in the existing prototypes and there is no known release date yet. Here are the 10 things we know about the Fallout 76 Expeditions system so far!

訳)ベセスダは新たな探検ファイルの開発に取り組んでおり、最近のリーク情報によると、プレイヤーをワシントンDCに連れて行く計画があるようです。これは、Fallout 3のDupont Circleに酷似したスクリーンショットで、もしこの構想が進めば、今度の遠征システムは確かに荒地の首都にプレイヤーを連れて行くことになるでしょう。

今のところ、既存のプロトタイプには何千ものアセットが存在しており、発売日はまだ決まっていません。Fallout 76 Expeditionsシステムについて、これまでにわかっている10のことをご紹介します

とのこと。あくまで現在のところのデータ解析によるプロトタイプですので、単にテストとして組んでいるというだけの話かもしれませんが、それにしても旧作ファンの方には嬉しい情報かもしれませんね。

VR Workshop6

そこで思い出されるのがFallout 4のCreation Clubで販売されている、「Virtual Workshop」ですな。これを購入するとG.N.R.プラザを再現したロケーションに飛べたり、また居住地クラフトでG.N.R.プラザ関連のアイテムを設置できるようになります。

VR Workshop1

Fallout 4 Creation Club、「Virtual Workshop」販売開始へ

2019年12月6日

現在も4のシステムやグラフィックを使って過去作をリメイクする大型MODがいくつか発表されていますが、このVirtual Workshopはいわば公式のリメイク素材って感じでした。Creation Clubだけで終わらせるのはもったいないなーとか思っていましたが、もしかしたらこれらを利用しての再現になるんでしょうかね。本当にワシントンDCが新規マップだとしたならば、ですが。

以前から開発側は新しいマップについて検討中である、という旨のコメントは出していましたが、過去作を利用しての新規マップは考えられなくもない線ではありますな。実際のところどうなるのかはまったく不明ですが、個人的にはまた瓦礫の山の街を探索してみたいし、できればあのだだっ広い地下鉄も再現してもらえると嬉しい…いくらなんでもそこまでは難しいか。

まぁでも、こうして新規マップの作業はやっているっぽいのが確認できたのはワクワクしますね。公式の情報が待ち遠しいです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。