PCエンジンミニ版 天外魔境Ⅱの規制について #3

天外魔境2

PCエンジンミニの天外Ⅱですが、死の料理人・地獄釜の肉助を倒したところまで進めました。ここは規制が入るポイントとして注目している方も多いのではないかと思います。

さぁ、料理人解体ショーの始まりや

DSやPSPにおける天外Ⅱではここに大きな規制が入ったため、色々とファンの間では騒がれた部分ではあります。結論をまず先に言うと、規制は入っていない、と言えると思います。具体的には、

  1. 暗闇城の武器(肉切包丁という名称への変更)
  2. 肉助討伐後の浜田村の悲劇(なぜか死霊銀バエ)

が挙げられますが、どちらもオリジナルのままでした。ブログに画像を載せると色々と問題が起きるので、僕のTwitterアカウントの方に画像をアップしておきました。

リンク:暗闇城の武器
リンク:肉助討伐後の浜田村の悲劇

またこの肉助の一つ前になりますが、馬鹿野城での規制、つまり未成年である卍丸が行える例のアレについても、規制はありませんでした。樽の中の飲み物は水ではありません。これも画像をブログに載せると色々と問題が起きるので、僕のTwitterアカウントの方に画像をアップしておきます。

リンク:馬鹿野城のアレ

もちろん、村人が嫌がらせで樽の中にアレを混ぜておいた台詞もそのままです。

というわけで因幡・出雲・石見の三国については特に大きな規制は入ってないように思いました。

ところで岩崎啓眞さんによるとPCエンジンミニの規制については、

とのことですが、「一部のマップの宗教的なシンボルの修正」というのがちょっと気になるところです。宗教的なシンボル…十字架とか?神戸の外国人墓地の十字架かなぁ…ドラクエの移植版だと十字架のグラフィックが改変されていたりしますからね。注意深く調べる必要があるかもしれません。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。