XSX下位互換テスト動画

XSX MHW

複数の海外メディアがXSXにおける下位互換のテスト動画をアップし始めていますね。それによるとXbox One向けのゲームは60fpsで動作するようです。

Falloutはどうなるんだろう?

Digital Foundryの検証動画ではモンハンWやFF15、SEKIROといったゲームで動作テストが行われていますが、確かにちゃんと60fpsで動いているようですな。まぁ60固定というわけではなく、場面によっては下がっちゃうものの、これまでは30とかせいぜい出て40とかだった現行機と比べれば随分とマシンパワーが上がったものです。

テストに使われたゲームについては多分最適化パッチが当てられているわけではないとは思うのですが、UBIが公式Twitterで発表している通り、最新作のアサクリヴァルハラでもXSXでは4K/60fpsで動作することを発表しているように、XSX上では過去のゲームも最新作も60fps動作が標準になるといいですね。

しかしXbox One世代のゲームがこうして60fpsで動作していることが確認されたとなると、Falloutはどうなるんですかね。4は画質を720pに落とした上で60fps化するMODが出ていましたが、となるとXSXでも60fps化は期待できるかも?

それと現在も絶賛稼働中のFallout 76についてはこちらもどうなるのか要注目ですね。このゲームも60fps化してくれたら嬉しいけど…他の同世代のゲームが60fps化する中、76は無理でした、なんてオチが待っていないことを祈りますwオンラインのゲームなのでサーバーの同期の問題とか、色々あるかもしれないですけど。でも一応は期待しておきます。

それにしてもベセスダはMicrosoftの傘下に入ったわけですから、76のサーバーをマインクラフトのようにMicrosoftのAzureに変更とかできないのかなぁ。今はAmazonのサーバーで稼働させていたはずですが、それをMicrosoftのサーバーにすることで多少の問題は解決しないのかしらんなどと僕は思ったりはしますが…いきなりってわけにもいかないでしょうけど、将来的にはサーバーの方もMicrosoftの手が入って欲しいところです。

リンク:マインクラフトがAWSの利用を終えてMicrosoft Azureへ移行

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。