Fallout 76 ウェイストランダーズ紀行 #03

Vault 79

さてさてウェイストランダーズなのですが、ようやくVault 79の金塊取引きまで終了し、これで派閥クエストも一旦区切りがついた感じでしょうか。長かったなぁ〜。

金!金!金!騎士として(ry

派閥クエストについては今回、レイダー側につきました。

メグ

理由はレイダー側の方がキャラが濃いというか…メスのスーパーミュータントとか、イロモノな奴らが揃っていたというのが大きいですね。それに、リーダーのメグがかっこいいし。四六時中ヒャッハー!な連中ってわけでもなく、結構話が通じる奴らも多く、とりあえずはレイダー側のクエストを見届けてみたいと思ったので、こっちにしました。

ただVault 79でシークレットサービスを救出するまでの道のりはかなり長く、Vault-Tec大学の試験、4のファーハーバーでもあった探偵クエストとか、結構大変でしたね。仲間の救出クエストもダンジョンが結構長かったですし、Vault 79自体も長丁場で、「これで死んだりフリーズしたら最初からか…」と考えると、ちょっと億劫にもなる感じでした。ただでさえフリーズ、バグが多いゲームなので、長いクエストは緊張します。まぁクエストのボリュームはある、という点では満足いくところではありますが。

クエストの選択肢

ところでここまでウェイストランダーズのクエストを遊んできて大体分かったこととしては、STR、PER、CHA、INTのどれかを8まで上げておくと都合よく進みやすい、といったところですな。たまにLUCが必要になることもありますが、基本的にはSTR、PER、CHA、INTの4項目のどれかが特別な選択肢の候補に上がっていることが多く、4、8、12の4刻みで必要になる形の場合が多いみたいですね。

例えばSTRなら人物を脅して物資を手に入れたり、PERなら相手の嘘を見破る、あるいは隠し事を言い当てるなど。CHAは説得とか、信頼させてなだめたり、INTは何かの装置を修理するとか、小難しいことを言って言いくるめることができたりと、結構面白くできていると感じました。でもそれだけにすべての選択肢を網羅するのは難しそうですね。4みたいに選択肢中にセーブしてやり直すとかできませんし、そもそもS.P.E.C.I.A.L.の振り分けもレベル上げを必要とするので、簡単ではありませんな。

中でも一番出てくる機会が多いのは、やっぱりCHAを必要とする選択肢かなぁ。これが8あるとだいぶ違ってくる感じはします。あとはSTR、PER、INTのどれか一つを8以上にしておくと役に立つかな?という感じ。僕はヘビーガンナープレイですのでSTRとINTを高めに振っておいたため、結構いろんなところで役立ちました。これがファウンデーションの入植者側だとまた違ってくるかもしれませんが、レイダー側ではSTRとINTでもそこそこいける感じです。

T-65の設計図

まぁそれはそうと無事Vault 79でシークレットサービスを救出したことにより、金塊集めが解禁されてそれと交換できる設計図の一覧が出てきました。目玉はこのウェイストランダーズから導入された最新鋭パワーアーマー・T-65とか、新武器の設計図、あるいはモジュールでしょうか。

ヘビーガンナーの僕としてはT-65はぜひとも欲しいところではありますが、その設計図を手に入れるための必要金塊の数というのが結構エグいwそりゃそうか、新アイテムだし、そう簡単に手に入られては困るというものでしょうかね。ぜひともフルパーツ揃えたいところだし、もちろんこのT-65用のMODも手に入れたいところなんですが…全部揃え切るまで一体いくらかかることやら。

ただゲーム中の説明によれば今後はデイリークエストやパブリックイベントをクリアすることで金塊と交換できる「債券」が手に入るようになるとのことですので、あれらをこなす意味合いもグッと増えたということですね。とはいえ、これは地獄だなぁ…。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。