4Kマシン!Xbox One Xを購入!開封の儀

Xbox One X、発売日に購入することはできませんでしたがようやくなんとか買うことができました。早速開封し、起動させてみました。

初Xboxシリーズ

まず初めに書いておこうと思いますが僕はXboxシリーズを買うのが今回初めてです。これまでは長らくプレイステーションユーザーでした。今回のレビューではPS4と比べてどうなのかという点も交えつつ書いていこうと思います。

さて箱を開けて中身を取り出しますと、本体、コントローラー(と電池)、HDMIケーブル、電源ケーブル、そしてスターターガイドとLIVE GOLDのお試しチケットが入っていました。本体の大きさはPS4とそれほど違いはないようですが、持ってみると重量はXbox One Xの方がかなり重く感じました。

コントローラーは電池が入るせいもあってかPS4よりちょっとズッシリしてるかなという印象。しかしそれだけに少し力を入れてみてもたわみを感じない、かなり頑丈な作りという印象も同時に感じました。コントローラーの左側に関してはアナログスティックが上で、十字キーが下と、PS4とは逆ですね。長らくPSユーザーだった身としては、ちょっと戸惑った部分でもありました。

なおボタン配置についてはホーム画面での操作もAが決定でBがキャンセルという北米仕様なんですね。洋ゲーを中心に遊んでいる人なら特に問題ないかもしれません。

本体についてですが、前面にUSBが1つ、背面にUSBが2つありました。このUSBのバージョンがいくつなのかガイドに書いていなかったのですが、前面・背面どちらにもTranscend USB3.1の64GBを挿してみたところ、どちらも認識してくれました。

Xbox One Xをモニターにつなぎ起動、まずは本体のファームウェアアップデートが始まりました。結構長くて、何度か再起動を繰り返していた気がします。

アップデートが済んで設定メニューを開き、ちゃんとモニター表示が4Kになっているのか確認したのですが、実のところ最初は1080pになっていました。そこで解像度の項目を4Kにしてみたら、「お使いのテレビは4Kに対応していますが60Hzには対応していません」と出て、4K設定が動作しないという事態にw

そんなバカな!とこれにはさすがに驚きました。「Xbox One Xには適さないモニターを買ってしまったのか!?」みたいな。でもモニター(32UD59-B)の設定でAMD FreeSyncをオンにしてみたところ、Xbox One Xの画質を4K設定にすることができました。なんとか解決して良かったです…焦りましたよほんともう^^;

4K/AMD FreeSync対応モニター「LG 32UD59-B」を購入

2017.11.06

無事4K設定もできたところであらかじめ買っておいたFallout4 GOTYを遊びたいところなんですが、その前にXbox One X エンハンスドのデモソフト、「INSECTS」をダウンロードして起動させてみました。このソフトは画面に4K、HDR、空間オーディオの3つの項目のスイッチがあり、モニターもしくはオーディオがそれに対応している場合はこのスイッチが切り替えられるようになってオン・オフでどう違いが出るのかを確認することができるチェッカーソフトになっています。

僕の場合使っている32UD59-Bは4Kですので、4Kのスイッチがオンになっていますね。もし4Kのテレビなりモニターを使っているのにここがオフのままである場合は、そのテレビなりモニターの設定を変えてみてください。先述しましたが僕の場合はAMD FreeSyncをオンにしたらXbox One Xの画質を4Kにすることができました。INSECTSは無料のソフトですので、チェック用にダウンロードしてみることをお勧めします。

リンク:https://www.microsoft.com/ja-JP/store/p/Insects-Xbox-One-X-Enhanced-/9P798W4VDT91

雑感

さて初めてXboxシリーズを触れてみて感じたことを箇条書きで思いつくままに書いてみます。

  • クイック起動(PS4でいうスタンバイからの復帰)はすごく速い。完全に電源を切ってからの起動はPS4の方が速い。
  • 1TBの内蔵ストレージを積んでいるが初期状態は残り780GBだった。外付けストレージをいずれ購入しなければならないかもしれない。
  • OneDriveアプリをインストールするとゲーム中のキャプチャをアップロードしてPCからアクセスしダウンロードできるので、PS4のようにいちいちUSBに移す手間がないのは楽。
  • USBから動画などのメディアファイルを内蔵ストレージにコピーできる。
  • 1時間ほど起動していても本体はほんのり暖かいぐらい?遊ぶゲームによるかもしれないが個人的にはそんなに高温でもないと思った。
  • YouTubeのアプリはPS4と基本同じ。
  • ニコニコのアプリはMicrosoftのアカウントでログインするため、ニコレポやマイリストにアクセスできない。そこが若干不便ではあるが、動画を垂れ流すぶんには特に問題はない。
  • AbemaTVも内蔵ブラウザ(Edge)で見ることができた。コメント表示もできるが番組表は表示するとややもっさり。やはり専用アプリがないのでしょうがないのか。
  • 起動中、わずかに本体からHDD特有の?音が出ているが、ゲームを遊んでいるときは気にならない。

といった感じです。ストレージの残りがすでに780GBしかなかったというのはちょっとびっくりしましたが、ゲームのキャプチャをOneDriveにアップロードできるのは、僕のようなブロガーには大変嬉しい機能で感動しましたwいちいちUSBに移す手間がなくなったので、作業が楽になりました。ここら辺はMicrosoftという企業の強みですな。ゲームのパフォーマンスについては次の記事にて書こうと思います。

Xbox One XでFallout4を遊んでみた感想1

2017.11.18

よろしければ記事のシェアをお願いします!