どうなる?Fallout 76次期アップデート「ウェイストランダーズ」

Fallout 76 サムネイル

ゲームサイト「4Gamer」がE3開催中に行ったというベセスダ開発スタッフのインタビュー記事を掲載しました。なかなか、興味深い内容になっています。

Perkカードはリフレッシュ

リンク:[E3 2019]「Fallout 76」開発者インタビュー。アパラチア・ウェイストランドの新たな展開が始まる

記事の内容は発売後の数々の批判をどう受け止めてきたか、そしてDLC「ウェイストランダーズ」や現在稼働中の「ニュークリアウィンター」について、という話になっています。

読んでみるとやはり開発スタッフの人たちも「正直な話、ネガティブな意見やレビューを読んでいると気が滅入ってきますが〜」と、やっぱり結構気にしてはいたようですね。そういえばちょっと前に海外のメディアのインタビューにトッド・ハワードさんが答えたときも、「Fallout 76への批判は会社やシリーズの評価に少なからず影響が出たとは思う」みたいなことを言ってたような…。まぁそりゃあ、発売当時はバグも多かったし、サーバーの不安定さもひどかったし、アイテム増殖でツーショット爆発武器が無料配布されまくる事件とかありましたからねぇ…。

そうした期間を経つつも20回ものアップデートを繰り返し、今でも遊んでいるプレイヤーのニーズを満たすことを優先しながら開発を進めているということですな。この方針については僕はいいなと思います。

そしてNPCがアパラチアに配置されるという「ウェイストランダーズ」については、

NPCと会話を選択するうえで、S.P.E.C.I.A.L.(プレイヤーキャラクターの7種類の基本アトリビュート)はより大きな意味を持つようになるはずです。シリーズ従来作のようなRPGに立ち返ることを目的に、パークカードもリフレッシュされます。もちろん、会話の選択や行動がゲーム世界に影響を与えますが、このあたりもプレイヤー1人1人にとって異なるものになる予定です。

と、なにやら興味深いことが書いてありますね。現状クエストを進行させる上でS.P.E.C.I.A.L.が関わってくるものといえば、グラフトンで発生するドラム缶を回収するクエストでAGIが5以上あるとその場で沈めることができ、クリアまでの手順が省略されるというものがありますが、似た要素を含むクエストがもっと増えたりするんでしょうか。

記事中に掲載されている画像でも選択肢の頭に「PER」「CHA」がついている選択肢があるぐらいですし、例えばSTRがあれば脅しをかけて強引に解決できるとか、そういったギミックを含むクエストが多く追加されるといいですね。

また「シリーズ従来作のようなRPGに立ち返ることを目的に、パークカードもリフレッシュされます」というのも気になるところで、既存のPerkにどのような変化が起きるのか、場合によってはビルドの変更も?なんて可能性が人によっては出てくるかもしれませんな。

はたしてどのようなDLCになるのかまだまだ謎は多いですが、2つのNPCグループが登場してマップを二分、いずれ衝突するという内容とのことですので、ゲームの雰囲気とか感触もガラッと変わりそうな感じもしますね。それに合わせて新しい課金アイテムも続々と出てくるんだろうなぁ(白目)。ゼニアジさん、日本からのアトムポイントの購入解禁、まだッスか?

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。