Days Gone オレゴン州漂流記 #01

Days Gone 4

平成に買った最後のゲーム、Days Goneのプレイログをちまちまと書いていこうと思います。とりあえず現在は「コープランドのキャンプ」という場所周辺でミッションをこなしつつ、レベル上げとコープランドの信頼を構築しているところです。

バイクゲー

このゲームはフリーカーを倒すとそのフリーカーの耳を拾うことができ、その耳をキャンプで売り払うことでお金を得ることができます(なんちゅーシステムだ)。この他にも薬草を摘んできたり動物の肉を売り払うこともでき、それによってお金を手に入れられるだけでなくキャンプからの信頼も篤くなり、キャンプからの信頼レベルが上がるとそのキャンプで買えるアイテムがアンロックされる…という仕組みになっています。他にもキャンプのリーダーから受けられるミッションをこなすことでも上がりますので、装備を整えるためには何はなくとも信頼を得ることから始めなければということみたいですね。

Days Gone 5

ファーストインプレッションの記事にも書きましたが、バトルに関してはやっぱりファークライやアサシンクリード的な感じに近いと思います。基本は身を隠して様子を見つつ、石を投げて敵の気を引いたり、ステルスキルで倒していく、あるいはフィールド場の罠や仕掛けを利用して倒す、といったものですね。敵の索敵能力も意外にガバがあるというか、常にステルスを心がけていれば簡単には見つからないです。今のところ極端に難しい潜入ミッションはないかなぁ。

武器はバット、角材、斧といった格闘武器からショットガン、アサルトライフル、ボルトアクションライフルなど色々落ちていて楽しいのですが、個人的にはボウガンが強くて使いやすくていいように思います。スキルを習得しないとボルトを回収できないといったところが他のゲームと違うところですが、静か〜に敵を始末しやすいという意味で便利ッスね。狙いを定めたときに動かきがスローになる「フォーカスショット」を習得するとさらに狙いやすく、結局のところこれだけで結構サクサクと敵を倒せていけています。まだ序盤だからというのもあるのでしょうけど。

そういえばこのゲームでは敵を倒す、ミッションをクリアすることで経験値を得てレベルアップ、スキルを習得できるようになるという以外に、「NEROの検問所」というところで見るかる怪しげな注入器をぶっ刺すことで、体力、スタミナ、フォーカスショットの持続時間のどれかを増加させることができるんですよね。この検問所で無限に注入器を入手できるとも考えづらいので、人によってどの能力に重きを置いてディーコンを成長させていくか、最終的な強さはバラバラになりそうですな。僕はとりあえず最初に見つけた注入器はフォーカスショット持続時間に使ったのですが、ガバエイムをカバーする意味でも今後もフォーカスショットに注ぎ込んで行こうかなぁ。迷いますね。

Days Gone 6

というわけでフリーカーや強盗団のアジトを強襲して制圧するミッションは今のところすんなりクリアできていますが、逆に一番苦労したのがバイクミッションです。GTAみたいにバイクに乗った敵をこちらもバイクに乗って追いかけ、生け捕りにするっていう内容なんですけど、バイクの挙動がなかなかクセがある上に、フィールドがかなり複雑に作り込まれているものですからすっごく苦労しましたw昼間だったからまだ見通しがよく分かりやすかったですけど、これ夜間にやっていたら投げていたかも^_^;

敵のバイクをピストルで攻撃するにもだいぶ近づかないとなかなか当たりませんし、最終的には体当たりをして強引にこけさせてなんとか捕まえ、クリアしました。今後もこの手のミッションがたくさんあるのかなぁと考えるとちょっとキツいッスね〜。まぁバイクの操作に慣れてくればまた違うでしょうし、改造で性能もあげれば追いやすくなるのかな…ガソリンの概念があるだけでなくバイクの耐久性にも気をつけなければいけないので、手がかかるなぁって部分はありますね。そもそも結構減りが早い気がします、ガソリン。

まぁ大抵敵が巣食っているようなところでガソリンは手に入るので、補給自体は簡単とはいえ、妙に現実性を持ち込んでいる部分が煩わしいと感じて不評を買う可能性も高いかも。ファストトラベルでもガソリンを使うようなので、気軽にできる感じじゃないのは確かですね。

あとは…ストーリーに関しては、全体的にどんよりとしていて、ジメッとしています。明るい要素、今のところ特にないッス。泥臭いとか、ハードボイルド路線といったところでしょうか。僕はそういうのでも全然平気なんですけど、結構人を選ぶ要素かもしれません。髭面の、乱暴な言葉遣いのおじさんの物語だしね、しょうがないね。

それでもディーコンは死んだ奧さんには一途なところがあって、でもそれは亡き妻の影を追って死に場所を求めている哀しい漢…と言えるのかも。それっぽい発言もチラチラと出てくるというか、心の闇をそのうちぶちまけることもあるかもしれませんね。ディーコンがこのクソッタレな世界をどう生き抜いていくのか、最後までちゃんと見届けたいと思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。