LEFT ALIVEがヤバいらしい

LEFT ALIVE

先月28日に発売されたばかりのスクエニのゲーム、「LEFT ALIVE」がどうやら色々とヤバいらしいという話題が駆け巡っていますな。

Amazonではすでに半額

まぁ言っても一部の人がそう騒いでいるってだけじゃないの?と、冗談まじりな噂としてニコニコでプレイ動画を見たのですが、う〜ん…映像を見る限りでは確かに若干ヤバげなにおいは感じますね…。

リンク:LEFT ALIVE Chapter1 東北きりたん駆け足実況プレイ動画

動画を見てまず真っ先に感じたのはダッシュ中のキャラクターの動きです。なんかちょっと不自然と言いますか、腕や脚の動き、姿勢などもっとダイナミックな動きが欲しいなと。

それとロボット(ヴァンツァー?)を操作中の動き、SE、爽快感なんかも物足りないというか。実際遊んだわけではないので断定はできませんが、世間で辛辣に言われるのも仕方がなさそうな、そういった印象を受けました。コメントも辛辣なものがチラホラと見られますな。

まだ発売から一週間経っていませんが、Amazonのレビューは現在星1が74%で価格も半額まで下がるなど、なかなかの荒れっぷりですね。この点に関してはFallout 76も似たような状況でしたので僕は笑えませんが、現代は本当にすぐ情報が広まって価格に影響が出るので恐ろしいなと、LEFT ALIVEを見て改めてその恐怖を噛み締めているところでござひます。

スクエニといえば昔、「アンリミテッド:サガ」が速攻で値崩れを起こすという黒歴史を思い出しますが、あれ以来の大崩壊を見ているような…そんなデジャビュをどことなく感じるものがありますね、これは。

日本のゲームメディアはこの惨状をスルーするかもしれませんが、海外メディアはどうなんでしょうね。どういうレビューが海外から出るのか出ないのか、ちょっと楽しみです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。