ディビジョン2 オープンベータ感想

ディビジョン2 ホワイトハウス

今日からディビジョン2のオープンベータが始まったということでXbox One Xで朝方ダウンロードし、先ほど1時間半ほど遊んでみましたので、簡単に感想を書いてみたいと思います。

率直に言って面白い

僕にとっては久々のディビジョンなんですが、緻密なグラフィック、銃撃戦の爽快感、共に高レベルでまとまった印象を受けましたねぇ!この1時間半、夢中で遊べました。

ディビジョン2 フィールド

まずなんつってもこのグラフィックですな。前回も相当緻密に細部まで描かれていましたが、今回も半端ない細かさですね。しかもこの鮮やかさ。今にも飲み込まれてしまいそうな勢いの自然と破壊の痕跡の入り乱れ具合が絶妙なバランスです。

ディビジョン2 フィールド2

街の中の様子も見事なもんで、散乱したゴミ、破壊されて放置された車や建物といった退廃的な風景はワクワク感を盛り上げてくれますね。フィールドの描き込みぶりは前作と同レベルかそれ以上の高クオリティなのは間違いないと思います。

ディビジョン2 戦闘

グラフィックがいいのはフィールドだけじゃなくてプレイヤーキャラクターの服装、アクセサリ、それから銃も非常に細かく作られているなぁというのは感じます。ブログに載せているのは都合上縮小した画像なのでなかなか伝わりにくいところはあると思うのですが、実機で見るとすごい細かな描写でクッキリしていて驚きますね。

戦闘に関して言えば基本的な操作は前作と大きく変わるようなことはなく、すんなりと入り込めました。ただ回転運動とかダッシュしたときの動きは、前作に比べるとやや緩慢的な印象も受けますね。以前ベータを実況していた人の動画をいくつか見たとき、「もっさりしている」という意見を何度か聴きましたが、人によっては…というか、前作を遊びこんだ人ほど確かにそういう印象は受けるかも。自分で遊んでみた感覚として「そういう意見が出るのも仕方ないのかな」というのは理解できました。まぁでも、慣れれば大した問題じゃないとは思います(多分)。

ディビジョン2 夜間のフィールド

今回は2で追加されたドローンを使いながら遊んだりしていましたが、遊んでいて個人的に一番困ったのは「夜の暗さ」ですね。上の画像がまさにその様子なんですけど、ガチで暗すぎません?wいやリアルといえばリアルですし、タイミングの悪いことに雨が降っていたというのも関係しているかもしれませんが、前方に何があるのかさっぱり分からないほどの暗さで参りましたねwグラフィックの設定は何もいじらずそのままで遊んでいたのですが、夜の視界の悪さは現実さながらに恐怖ですな。

すべてのフィールドに渡ってこうなのかまでは分かりませんが、夜は暗すぎじゃないかなって印象は受けました。今こうして画像で改めて確認しても何が何だか分かりませんし、夜の暗さはもうちょっと調整してもらえると嬉しいかな。まぁそういう演出意図というか、夜戦の怖さを増幅させるための演出なのかもしれませんが。

ディビジョン2 グランドワシントンホテル

とりあえずグランドワシントンホテルのミッションは難なくクリアできました。前作を一通り遊んだ人ならサクサクいけると思いますが、今回は1つのミッションが結構長い感じ?でも適度なタイミングでちゃんと弾薬箱が用意されていて、長いけど遊びやすいという配慮を感じます。まぁマルチで遊ぶことも多いゲームなので、その点を考慮してやや長めに作られているのかも。

戦闘のスピード感も健在で、それに加えてドローンやクロスボウといった新たな武器が加わっているため、マルチで色んなキャラクターが入り乱れて戦うのはかなり面白くなりそうです。

まとめ

前作が好きな人はガラッと変わった鮮烈な色使いのフィールドで気分も新たに遊べるでしょうし、ご新規さんもこのリッチなグラフィックと派手な銃撃戦の組み合わせは楽しく遊べることうけあいじゃないですかね。前作をベースにしながら丁寧に完成させたんじゃないかなっていう感触を受けます。3月4日までオープンベータは開催とのことなので、一度は遊んでみることをお勧めします。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。