Fallout 76アップデート、収納箱容量800へ

Fallout76

パッチ6が配信され、数々の不具合が修正されたほか、収納箱の容量が600から800へと上がりましたね。だいぶ遊びやすくなったのではないでしょうか。

しかし不具合も?

リンク:FALLOUT 76: パッチノート – 2019年2月19日

今回のパッチについての内容はすでに日本語訳されたものが出ています。

今回の目玉は何と言っても収納箱容量が800に増加したことで、発売当時からみて2倍の容量ですから助かりますね。600でも全然足りないってぐらいだったので…っていうかむしろ、400時代によく遊べていたものだなとも感じますな^_^;あの頃はガンガン断捨離しまくっていたような…クエスト報酬のユニーク武器だろうが何だろうが、捨てないとどうにもできないっていう。まぁ800に増えたところで「まだ足りない」って話になりそうですが。

そのほかパッチノートを読むと、サーバーメンテナンスの頻度を増やすことにしたとか、C.A.M.P.設置場所がかぶったさいにワールドを移動するかどうかの選択肢が出るようになったとか、マップ上でプレイヤーのアイコンが表示されるようになるなどいくつかの仕様変更も含んでいるようです。

不具合修正面では、

作業台: パワーアーマーステーションを複数の階層からなる建物の土台に設置しようとすると、2階に設置されてしまうという問題を修正しました。

とのことなんですけど、これ確か導管でも同じ現象が起こるんですよね。そちらも直っているのかしら。2階建ての家を建設するときにほんとゲンナリする現象でしたが。またC.A.M.P.を利用したアイテム複製技も修正されたとのこと。でもグリッチャーたちはまた新たな裏技見つけちゃうんだろうなぁ。

全体的には良アップデートのように感じるパッチ6ですが、一方で副腎反応の効果が出なくなったと騒がれています。パッチノートを読む限りでは副腎反応についての言及がないので、なんか変なところいじくってミスったんでしょうか。修正を待ちたいところです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。