Fallout 76「Developer Room」

Developer Room

海外のFalloutを扱うYouTuberが続々とDeveloper Roomについて触れだし、なにやら一騒動起きているようですな。

拒むことを知らないガバセキュリティ

リンク:Fallout 76 players are nabbing unreleased items from a secret “developer room”

PolterGeistさんの動画でDeveloper Roomが紹介されていますね。このDeveloper Roomにはすべてのアイテムが揃えられ自由に取り出せるほか、WOOBYというNPCが突っ立っています。

このDeveloper Roomにどうやってアクセスするのかは僕には分かりませんが(多分PC版限定だとは思います)、問題になっているのはこの部屋の中には本編に未登場のアイテムも置かれていて(派閥別パワーアーマーペイントなど)、それを取り出して「レアアイテム」と称しオークションサイトに出品している人たちがいる、ということみたいですね。

例えばeBayでは前々から「ツーショット爆発武器のバンドル」が40ドルで売られていたりとか、グリッチで増やしたかのような怪しげなアイテムがたくさん出品されていることは知っていましたが、今度は本編未登場のアイテムまで売られるようになりましたか。たまげたなぁ。

これらは今後実装予定のアイテムじゃないかとも噂されていますが、それにしてもガバガバじゃねぇかこのゲームのセキュリティは!こうしたプログラム上の不具合を奇しくも「セキュリティホール」と呼ぶわけですが…マジでガバガバですね。先日のアップデートは一体なんだったのか…。

そういえばCS向けのアップデートは15日に延期したとかいうことですが、こうなってくると月末にもう一度あるというアップデート配信もどうなるんですかねぇ。まぁこうした本来は入れないはずのエリアに入ったユーザーのアカウントはBANされるとかいう話もありますが、一連の問題は究極的に言えば穴を塞ぎきれていないベセスダにそもそも問題があるとも言えますので、しっかりしてもらいたいです。っていうか本編に登場しないアイテムが売買されているとか、常識的に考えてヤバすぎですね^_^;

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。