Fallout 76 ホットフィックス配信

Fallout76

昨日、日本時間の21時30分よりメンテナンスが始まり、ちょっとしたバグ修正のアップデートが行われましたね。

デバッグ終了

リンク:FALLOUT 76 ホットフィックスノート – 2018年12月19日

公式サイトに公開された修正内容には、

  • PC:ゲームプレイを終了してデスクトップに戻ろうとした時にゲームクライアントがクラッシュする問題を修正しました。
  • PC:デバッグ状態のままとなっていた設定を修正しました。この修正により古いクライアントがゲーム接続できなくなり、ゲームプレイが正常に行われるようになります。
  • 不正な操作:アイテムを不正に複製できないように修正しました。
  • 武器:高ダメージ及び爆破系武器が敵にダメージを与えられない、もしくはダメージを与えても敵が瞬時に回復してしまう問題を修正しました。

とあり、発売から一ヶ月、デバッグ状態だったのには驚きですね…。またアイテム複製のグリッチが修正されたそうですが、これってすべてのアイテムを増やせたやつですかね。僕は詳しくは知らないのですが、とりあえずこういったものがなくなったのはいいことだと思います。

それと今回最大の目玉なのが爆発レジェンダリーバグの修正ですね。爆発が乗るとマイアラーククイーンですらあっという間に倒せるレジェンダリーなだけに、バグがなくなった今、どんな武器でもいいから付いてくれればかなり強力な武器となり得る感じでしょうか。僕は一度もゲットしたことがないんですがw

年内のアップデートは今回が最後という予定になっていますが、最近やたらと近接攻撃判定がおかしいのが目につくので、そこも直してもらえるとありがたかったかなぁ。具体的には目の前の敵(文字通り目の前の敵です)に斬りつけて「ザシュッ!」というヒットエフェクトが出ても敵のHPが減っていない、という現象がたびたび発生しているんですよね…。近接攻撃判定の処理に遅延が発生しているのか、おかしいなと思うことがたびたびあります。ダメージバランスも含めて、戦闘システムはもっとしっかり見直して調整してもらいたいです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。