東京魔人學園シリーズ復活の兆し?

東京魔人學園

初代プレイステーションで「東京魔人學園剣風帖」が発売されてから20年、ということで、ファミ通に今井秋芳監督のインタビューが掲載されています。これがなかなか興味深い内容になっていますな。

帝戰帖は来るのか?

リンク:『東京魔人學園剣風帖』発売から20年、今井秋芳監督が語る『魔人』の歩み。「『帝戰帖』を、いつの日かお届けしたい」

インタビューの内容についてザックリと要約すると、「シリーズの続編である帝戰帖は出すつもりはある、でもその前に過去2作を据え置き機でリマスターして出したい」、とのこと。まぁなんせ20年前の作品ですから、いきなり新作というよりはまずは過去作のリマスターでユーザーの様子を見つつ…というところでしょうか。

僕自身これまでブログの中でちょっと書いたような記憶がありますが、この東京魔人學園には当時ハマったクチでして、剣風帖、そしてその続編である外法帖も買いました。番外編である朧奇譚なんかもですが。ゲームとしてはバグも多かったりフリーズで悩まされたこともありましたが面白かったですし、特に剣風帖に関しては何度もクリアしましたね。

ですのでもしこの魔人學園の最終作である帝戰帖が出るというのであれば、ここまで来たら最後まで見届けようって気はありますが、それにはやはり当時の中核をなした人物が必要だとも思うんですよね。

インタビューを読むとキャラデザインの小林美智さん、音楽の新田高史さんは続投する気があるようですのでそこは安心なのですが、問題はゲームを作り込む人ですね。例えば剣風帖のときなどは齋藤力さんがいたわけですが、この方は現在スクエニ所属ですし、今井監督と共同で脚本を書いていたかわさき暁さんは今もゲーム業界にいるのか不明。この二人もいないと東京魔人學園は真の意味で完結しなさそうな気配が僕はするのですが…。

そもそも剣風帖に関しては以前DSでリメイクされたんですけど、バグがかなり多く、オリジナルと一部仕様が変更されたために目標を達成できない部分があるなど、かなり雑な作りで問題になりました。今なら修正パッチで対応するんでしょうけど、当時はそういうこともなく、問題を残したままポシャったんですよね。外法帖なんかも「好評ならリメイクする」とか言ってたと思うんですけど。つまり不評だったんですね、みたいな。そりゃそうですよ、バグの対応に取り組まなかったんですから…。

まぁ齋藤力さんやかわさきさんの問題については他の優秀な人材でカバーできるかもしれませんが、バグについては真剣に取り組んでくれるのかどうか、前例があるだけに不安を感じます。あれには真神庵に日夜集っていた、腐ったお姉さん方も苦笑いしたんじゃないですかね。あと外法帖のときみたいに戦闘バランスがガバガバとか、ああいうのも勘弁してほしいかなぁ。

と、色々と不安要素はあるのですが、もし帝戰帖が出たなら買いますよ、僕は。満州から物語が始まるとか、この出だしからしてワクワクするじゃないですか。加藤保憲っぽいやつとか、出るかもしれないですしwそういうところは期待しています。実現すると…いいですね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。