次のFFはどうなる…?

FF15

今日はスクエニに関する大きな話題が二つありましたな。一つは堀井雄二さんの件ですが、もう一つはファイナルファンタジーXVの発売予定だった4個のDLCのうち3個が制作中止になったということです。FFはスクエニの看板タイトルなだけに、随分思い切ったことを決断したなーと感じました。

田畑端さん退社

このFFに関してはもう一つ、ディレクターである田畑さんが先月31日付でスクエニを退社していた(番組の中で公開された手紙には「離れることにした」と表現)ことですね。

田畑さんといえば「FF病」といったパワーワードを生み出したことでも知られる人物ですが、ゲームの評判はどうであれFFXVは800万本以上売れたということですし、そうした結果を出したからこそ今年の3月に田畑さんを代表とした「ルミナスプロダクションズ」というゲームスタジオの設立をスクエニも許可したんじゃないかと思うんですよね。しかしそれから数ヶ月、まだ具体的なゲームを1本も出すことがないまま、スタジオの代表であった田畑さんが会社を去るというのは驚きですね。

僕なんかは次のFFはこのスタジオから出るのかなと思っていましたし、それこそ田畑さんがリードして作っていくんだろうと予想していましたが…なんだか今後のFFってどうなるんだろうという、ちょっと暗雲立ち込めてきたような気がしなくもないです^^;だいぶ前に映像が発表されたFFⅦのリメイクも、その後音沙汰なしというか全然情報が公開されていませんしねぇ…。どうなってしまうんでしょう、FFシリーズ。

まぁFFXVに関してはPC版限定ですが公式にMODに対応させたり、最大8K映像に対応したりと、結構野心的な挑戦をしてきたゲームじゃないかとは思うんですよね。そういう姿勢は今後のFFにも受け継いでいってほしいなぁとか思ったりもしますが。

公開された田畑さんの手紙によると「どうしても実現させたい仕事がある」とのことで自ら事業を立ち上げるそうですが、それが一体何なのか興味深いところではありますな。コジマプロダクションみたいな感じで、スタジオ設立ってことなんでしょうか。何が飛び出すのか楽しみです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。