Fallout 76 B.E.T.A. 7回目感想

Fallout 76 Vault-Tec大学

本日のB.E.T.A.に参加しました。3時から5時までという短い時間でしたね。実際のところ2時45分からログインできましたが、それでも時間が足りなかったなぁ…。

監督官を追って

今回は時間が少ないということで「あまりちんたらやっている余裕ないなー」とか考えながら、まずは監督官のログ探しから手をつけようと思った矢先…C.A.M.P.地点のすぐそばにレベル35のモスマンが出現!

Fallout 76 モスマン

暗闇の中目が真っ赤に光っているのでちょっとビビりましたぞ。で、一発攻撃を当ててみたのですが、やはり自分よりレベルが10以上の相手ということもあってか微々たるダメージしか与えられなかったので逃走しました。う〜ん、周りに他のプレイヤーさんがいるとかすればまだやれたかもしれませんが、ちょっとタイミングが悪いなぁ。それにしてもこんな道端でモスマンが出現したのは初めてです。こういうこともあるんですね。

そして本来の目的である監督官のログを探しにVault-Tec大学へ。なんでもここを卒業したあと監督官はそのままVault-Tecに就職しVaultに入ることになったらしいですが、そのあと父親が亡くなってプロポーズしてきた男とも別れたとか云々という、朝っぱら聞くにはキツい内容のログでなんか微妙な気分にw今後もこの手の話をホロテープで聞かされるんでしょうか、いや〜キツいっす。

Fallout 76 発電所

で、大学を一旦出た後はこれまで足を踏み入れたことがなかったフィールドマップの東側へ行ってみました。東側は山岳地帯でどんどん登っていくと「モノンガー発電所」なんてところにたどり着いたため、とりあえず入ってみることに。

しかしこれが大失敗でした。発電所内のリアクターやらジェネレーターを修理するっていうクエストが始まったのはいいのですが、内部はかなり広く、しかもあちこちにクエストマーカーが立つので何が何やらさっぱりわからないwなんていうか、4で言うところの「初めてコルベガ組立工場」に来たときのような気分に似てますかね…。しかも中はスーパーミュータントだらけで大苦戦。爆発物ダメージアップのPerkを取ったのでフラググレネード投げまくりでなんとかなりましたが、あれ普通に戦っていたらもっときつかっただろうなぁ。とにかくここでとんでもなく時間を費やしてしまいました。

あ、そういえば爆発物ダメージアップのPerkは今回PERではなくINTになってましたね。う〜む、やっぱりINTも伸ばさないとダメかなぁ。ほんとどう伸ばしていくべきか…迷っています。

Fallout 76 VOXシリンジャー

発電所を出てさらに東に足を延ばすと廃屋地下の研究施設でデイリークエストが発生したので挑戦。内容はVOXダーツを動物に撃ち込んでデータを収集するというもの。

ターゲットはラッドスタック、モングレル、猫の3種で、撃ち込むとその動物が何を考えているのか声が聞こえてくるという、結構風変わりなクエストでした。ラッドスタックと猫は「怖いよー」とか言っているのですが、モングレルに関しては「オレサマ、オマエ、マルカジリ」みたいな感じで面白かったですね。データの収集が終わるまで目標を倒してはいけないのでそこがちょっと面倒ではありましたが、特殊武器を利用したクエストということで楽しく遊べました。

けど、これをクリアしたとこで今回は時間が来てしまいゲーム終了。う〜ん、発電所のような大きな建物のクエストは無視してもっといろんなロケーション周りを優先すべきでした。そこは失敗したなっていう。2時間じゃ全然足りない…。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。