ゲームパスでペルソナ5を遊んでみた #01

ペルソナ5 タイトル画面

本日からゲームパスで配信となったペルソナ5を遊んでみました。

ペルソナ2以来

いや〜、ペルソナシリーズはPS1で発売されたペルソナ2罪・罰以来なので、もう20年以上ぶりですかねw何もこの間アトラスのゲームに触れていなかったわけじゃないんですけど(真・女神転生Ⅲとかライドウ、ストレンジジャーニーはクリアしている)、今やアトラスの稼ぎ頭となったペルソナについては3以降触れずじまいで、いつの間にか20年も経ってしまっていました。

ペルソナ5 戦闘

とりあえず2時間ちょっと遊んで、堕天使エリゴールを倒すところまで進めてみたんですけど、まぁやっぱり予想通り女神異聞録とか2の空気とは全然別ゲーだな、と。それはそれ、これはこれとして頭の中身を整理した上で向き合うべきなんでしょうね。

そんなわけで自分の知っているペルソナとは全然違うんだな、とは思いつつも、60fpsでヌルヌル動いてくれるし、操作感に問題はない感じですな。「30fpsだったらどうしよう」とかちょっと心配していましたが、さすがにそんなことはなかった。

むしろ遊んでいて気になったのはUIのデザインかなぁ。僕には色使いがくどく感じました。今のところはそのぐらいかな?逆に立体化された金子一馬デザインの悪魔はⅢのときよりかっこよく表現されていて、やっぱりそこはいいなと。仲魔にできないのは残念ですが、いつかまた真・女神転生シリーズを何か遊んでみたいなとも思いました。メガテンもストレンジジャーニー以降10年以上触ってないので、アトラスゲーはまたいずれなんかやりたいところです。

ペルソナ5 特典

家に戻って特典一覧を見ていたら、過去作の制服とか、昔ペルソナを遊んだ人向けのアイテムなんかもあってちょっと嬉しかったです。でもハンドヘルドCPUなんて若い人、何のことやらさっぱりでしょうな。

ペルソナに関しては色々とネタバレの公開とかが厳しいらしいので、あえてもう僕はこれ以上書きません。なんか言われるのも嫌だし。まぁでも、20年ぶりのペルソナ、楽しもうと思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

地球の重力に魂を引かれたオッサンです。好きなジャンルはRPGで、ブログでは主に家庭用ゲーム機のことについて書いていこうと思います。