Xbox One「黄泉ヲ裂ク華」発表

黄泉ヲ裂ク華

ダンジョンRPGには定評のあるエクスペリエンスが、本日Xbox One向けのゲーム「黄泉ヲ裂ク華」を発表しましたな。

ディストピア・ダンジョンRPG

リンク:黄泉ヲ裂ク華公式サイト

ジャンルは「ディストピア・ダンジョンRPG」だそうです。僕自身ダンジョンRPGはそれこそウィザードリィとか女神転生で散々遊んだクチですし、数年前はエルミナージュシリーズなんかもよく遊んでいました。ですのでちょっと興味を惹かれる部分はありますね。

ただ公式サイトにはまだキービジュアルしか公開されていませんので、肝心のゲーム部分についてはまったくの謎ですが…。一応発売日は2020年初夏とのことですので、順調にいけばもう少しで遊べそうです。ちょうどJRPG的なものが欲しくなってきた時期でもありますので、自分の好みに合いそうならば買ってみるのもいいかなぁなんて、ちょっと思っています。

個人的にはキャラクリエイト部分がどうなるのか、成長システムがどうなっているのかが気になります。自由度の高いシステムならいいんだけどなぁ…それこそエルミナージュにあったフェイスロード機能(プレイヤーが用意した画像を取り込んでキャラクリエイトできるシステム)みたいなのが欲しいのですが、どうなるんだろう。

それとゲームの世界観は1970年代の東京という、昭和時代を舞台にしているというのもなかなか面白そうですね。東京を舞台にした作品は多いですが(東京魔人學園とか)、1970年代という時間のみに焦点を当てているのは珍しい方かな?昭和の日本がどうゲーム上で再現されているのか、興味深いですね。続報が楽しみです。

それにしても今のところ対応ハードがXbox Oneとしか書かれていないんですよね…えっ、マジでハード独占タイトルなんですか?だとしたらチャレンジャーだなぁ。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。