ラングリッサーI&II、リメイク発表

ラングリッサーI&II

以前ちょっと情報が出ていたラングリッサー再始動という動き、ついに本日正式発表されましたな。

PS4とSwitchで発売

公式サイトによるとPS4とSwitchで発売予定で、「様々な新規要素を携え」と文章が打ってあります。ということは移植というレベルに止まるわけではなく、リメイクに近い状態っぽいのかもしれませんな。

僕は以前「昨今の事情から察しておそらくはスマホかブラウザゲームじゃないかと思うんですが」と書きましたが、見事に予想は外れw、普通に家庭用ゲーム機での発売ですね。スマホゲームレベルの規模ではないという意気込みも感じますし、キャラクターデザインをうるし原智志さんではなく別の方で一新してきたというところもわけあってのことなんでしょうなぁ。オリジナルと比べるとキャラクターの髪の毛の色や被っている兜の形は同じでも、服装は微妙にアレンジされたりしていますね。

このご時世にどういったSRPGを出すのかというのも気になりますが、それ以上に冒険してるなと個人的に思うのが、このキャラクターデザインがオリジナルと違うという点です。これがはたして吉と出るか凶と出るか…リメイク作品の難しいところは「誰に向けて作ったのか」というのが明確に伝えられるかだと思うんです。昔ファンだった人向けなのか、あるいは新規ユーザー向けなのか。現段階では情報が少なすぎてわかりませんが、開発者の人たちがどういう方向性でリメイクしたのか、非常に興味があります。世の中には「二兎を追う者は一兎をも得ず」という言葉があるくらいですし、中途半端な方向性だと3DSのときのような惨状になりそうな気がしますな。

付け加えられたという新要素がどういうものか、これも非常に重要で、オリジナルファンからすれば「余計な味付けをするな」と叩かれかねない、結構大胆な賭けになるかもしれないですし。もしこれがゲームの面倒だった部分を簡略化してテンポアップ、とかだったら喜ばれるかもしれませんが、27年前のゲームがどのように生まれ変わったのか、28日の発表会は注目です。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。