「深夜!天才バカボン」を見たのだ #02

深夜!天才バカボン

「深夜!天才バカボン」の第4話を見たのですが、いや〜今回はなかなか面白くて満足です。あっという間に時間が過ぎた感じ。

擬人化

リンク:深夜!天才バカボン 第4話「課金!天才バカボン」「擬人化するのだ」

1話以降もずっと見ていたのですが、正直なところ2話、3話は特に書くこともないかなー…ってな風に感じており、今回もそれほど期待せず見ていたのですが、そういう予想に反して初っ端なから最後まで怒涛のように駆け抜けていく内容でしたね。

まず最初に出てくるスマホゲームの廃課金で無一文になり、パパにお金を無心しにくるという外道・課金後輩を演じているのは岩崎ひろしさん。Skyrimではシセロ、Fallout 4ではコズワースを演じた方ですな。エンディングのキャスト一覧を見てわたしゃビックリしましたよwシセロとはまた違ったマッドネスな演技というか、こういう役をやらせたらほんと上手い役者さんなんやなって…。っていうか、アニメで岩崎ひろしさんの声を聞いたのはこれが初めてかもしれない^_^;なんか新鮮ッス。

まぁスマホゲームの課金で地獄を見るって、ちょっと現代風刺的な部分もあるのかなと…ゲーマーとしては素直に笑えないところもあったり。僕自身はスマホゲームはほとんどしないし課金したこともないんですけど、する人はしますからねぇ。またそれで世の中実際うまくいっているゲームもたくさんあるわけで、アニメの内容は面白いなと思いながらも、現代の闇をえぐるようなヒヤッとした感覚も感じましたw

そのあとはゲームのネタとして新たな擬人化を模索するという内容に入るわけですが、よりによってウ○チを擬人化するという…しかもイケメンに。ここなんかはもう、「どうせおまいらイケメンキャラとイケボ声優が出てくればなんでもいいんだろ?」という、スタッフの嘲笑なんですかね、これ。いや〜、腐方面のお姉さん方を刺激するのはよした方がいいと思いますけどねぇ。ほら、昔から「触らぬ神に祟りなし」って言うじゃないですか。あ〜怖い怖い。

しかしこのウ○チを擬人化ってのがまたやけに現代事情を把握した綺麗なキャラデザと作画で、なんだか本当にゲームになっていそうな感じなところが憎いですな。しかも出てくるゲームデザイナーの声を担当しているのが草尾毅さんて。草尾さんのこんな声の演技は初めて聞きました。昔はそれこそ桜木花道やらトランクスやらで人気キャラを演じていただけにビックリしますねぇ…あ、あとAKIRAにも出てましたっけ。僕が子供のときからアニメの第一線にいて、今でも現役で声優をしているって本当にすごいなぁと。今回は驚きに次ぐ驚きで、なんとも良い意味で騒がしい回でした。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。